Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(214)
(103)
(92)
(91)
(87)
(85)
(84)
(83)
(81)
(80)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
(旬が短い)アプリコット、ゴ..
at 2018-08-19 17:02
ワルナスビはワルクナイ?
at 2018-08-15 16:59
白桃と茉莉花
at 2018-08-11 16:48
NAGASAKI DAY
at 2018-08-09 11:02
HIROSHIMA DAY
at 2018-08-06 08:15
記事ランキング
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

超多彩都市紐育(i ❤ new york for 回転木馬)

a0147281_21181020.jpg

今回の旅行の散策でハイライトになると思っていた場所、それは初めて訪れるbrooklyn です。なぜなら、作家のトルーマン・カポーティがブルックリンハイツに住んでいたため、「ブルックリン」という地名には特別な思い入れが…。そして、期待どおりでした。とはいえ歩いたのはほんの入り口のdumbo だけ。それでも、噂に聞いていたヴィンテージものの回転木馬を見ることができたので、夢は叶えられました。

a0147281_11323709.jpg

a0147281_21180208.jpg
とりわけ米国が富を手に入れ文化の花を百花繚乱させた1920年代につくられた回転木馬を、ブルックリン在住の夫婦が私財と労力と長い年月を注ぎこんでイーストリヴァーのほとりで生き返らせたのが、この木馬なのです。48頭の馬と2台の馬車に、人形のアクリルケースを思わせる透明のパヴィリオンをすっぽりかぶせたのは、世界的なフランス人建築家のjean nouvel2011年のオープニングでは木馬に乗る姿がこれ)。

a0147281_21175888.jpg
a0147281_21175555.jpg
a0147281_21175044.jpg
美しすぎて、この世のものとは思えないほど…。あいにく休止中でしたが、ツーリストを磁石のように集めていました。それと、このブリッジパークから眺めるマンハッタンの夜景は、定番中の定番。brooklyn bridge manhattan bridge の両方の橋が、摩天楼を遠景に絶妙な構図を生み出します。素晴らしい夕焼けのあと、あたりが薄暮に沈みはじめ、近くのカフェに入ってひと休みしながら、暗くなるのを待ちました。

a0147281_21174516.jpg
a0147281_21174292.jpg


a0147281_21173958.jpg
散策のもうひとつのハイライトが、徒歩で渡るブルックリン橋です。橋の近くにたどりついたときには陽が傾いていて、気が急いているのに歩行者専用路の入り方がわかりにくく、橋の周囲を迂回しているうちにおなじような人たちと出会いました。いつの間にか集団となって、ようやく橋のうえに…。ここは人気スポットなので、大勢の歩行者で橋は大混雑。あちらこちらに、無謀で危険なインスタグラマーの姿も。

a0147281_21173661.jpg
a0147281_21173290.jpg
前回の旅行ではボートに乗り、ハドソンとイーストの川のうえからマンハッタン島を眺めたのですが、ゴシック風ブルックリン橋からの眺めもまた最高です。しかも晴れていたので、摩天楼が青空にいっそう映え、ニューヨークの景色は完璧。歩くうちに西の空では夕焼けが始まり、シルエットとなった自由の女神が見えました。ほんとうは鮮やかなブルーで見たかったマンハッタン橋も、茜色に染まりつつありました。

a0147281_21172707.jpg
a0147281_21171817.jpg
a0147281_21171402.jpg
旅行まえにビンジウォッチャーとなって見続けていた「gossip girl 」にも登場するダンボ。石畳が敷かれたこの界隈にも、だれもがこぞって訪れる撮影スポットがあります。マンハッタン橋の橋桁のあいだからエンパイアステートビルディングがのぞいて見える通りでは、車の往来もお構いなしのインスタグラマーが入れ替わり立ち代わり現れます。わたしもなんとか撮影に成功。もっとゆっくりいかった場所です。

a0147281_21171149.jpg
a0147281_21170776.jpg
という感じで、娘と行ったニューヨーク旅行記はこれで最後です。ほぼキャッシュレスのニューヨークでメトロやクレジットのカードをスワイプするときのコツやドラッグストアで安く買える方法を発見したり、滞在を最大限に楽しめるようになるまで、さほど時間はかかりませんでした。自分が見たかったものも娘に見せたかったものも、自分が食べたかったものも娘に味合わせたかったものの、ほぼ計画どおり…。


なにより素敵だったのは、地下鉄の駅で流れるストリートミュージシャンの奏でる音楽。サキソフォン吹きのジャズありチェロ弾きのクラシックあり、一瞬、歩き疲れた体から解き放たれた魂が、心地好い調べのなかで浮遊するようでした。そして、ほぼリストどおりあれこれ手に入れただけでなく、娘にとってこれからの人生を変えるようなlife-changing に近い体験ができたことも、今回の旅の収穫でした。


ニューヨーカーは流行に関係なく自分の好きな恰好をしていて(ファッションは10年前と変わらない)、60年代風のロッカーもいればグランジっぽいスタイルもいまだ根強い人気。ノリノリで踊りながら働いている調理人や、同僚とのお喋りに忙しいデパートの店員さんたち、ズサンな交通整理をする警官を見るいっぽう、人目をはばからない正義感や躊躇のない親切精神を目の当たりにすることがありました。


ニューヨーカーを真似るとお行儀の悪い人になりかねないものの、世間を気にしてガチガチに縛られる日本とちがって、いい加減な半面、融通も利くし、危険をつねに意識しながらもゆる~く生きているところが、衝撃でもあり理想の姿としても、娘の目には映ったようです。加えて、地下鉄の出口の番号ひとつとっても親切すぎるところのある日本では育ちにくい自主性や自発性というものにも、気づいたようでした。


そういう意味ではロンドンも似たところがあります。異民族と異文化がぶつかり合い、それでいて英国人らしさも受け継がれていて…。いまでもロンドンが世界でいちばん好きな都市ですけど、ニューヨークの陽気さと活気は元気にしてくれます。ま、とんでもない嘘つきで下品な男を大統領に選んだ米国は、国としての魅力をどんどん失いつつありますが、米国人らしさの好いところは、ニューヨークでは健在かな?



あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2018-01-18 21:58 | 旅行 overseas | Comments(0)
<< ひよこ豆のシャクシュカ(冬の ... | ページトップ | 超多彩都市紐育(i ❤ new... >>