Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(218)
(104)
(92)
(91)
(89)
(88)
(86)
(86)
(84)
(83)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
季節が終わるときのビューティ
at 2018-12-08 21:35
真っ白な蕪のスープ plus..
at 2018-12-04 22:47
紅葉が、美しすぎて…
at 2018-11-29 21:56
柿色の晩秋
at 2018-11-26 21:25
霜月のバナナとチョコ
at 2018-11-21 22:42
記事ランキング
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

沙羅双樹の花の色

a0147281_22485028.jpg

ことしになって、運動もかねてかなり遠くのスーパーマーケットにかようようになったのですが、各玄関先で咲いているお花がきれいな静かな住宅地を抜けるルートが、最近ようやく定着。水無月に入ってしばらくしてから、いつものようにさまざまなお花に見とれながら歩いていると、一軒の住宅のまさに玄関先で満開を迎えた沙羅樹が目に入り、思わず足がとまりました。

a0147281_22484726.jpg
ある日突然、花が咲いているのが目につくまで、それがいったいなんの木かなど気になったこともなかった木…それが、羽二重のごとく光沢のある真っ白な花を無数につけていたのです。沙羅樹でした。二年まえに旅立った、横浜の友人を思い出します。みずからひとつひとつ選んで色をそろえたという、赤レンガの素敵な自宅が完成したとき、彼女が玄関先に植えた木でした。
a0147281_22484466.jpg
多感なころに、初めて『平家物語』の「祇園精舎」を耳にしたわたしは、祇園精舎が寺院を意味するなどまったく知らないまま(苦笑)、これほど美しい日本語の文章はほかにない!とシビレてしまったことがあり、その、平家物語に登場する沙羅双樹の花(本来の樹は、このナツツバキとは別物だそう)を、彼女の家で初めて見て、その美しさにまたシビレてしまったのでした。
a0147281_22484179.jpg

ラッフル状に縮れた花びらの縁の裂け具合と、金色の雄しべがひきたつ純白の透明感が、耽美的です。どこか冷たい響きを残す『平家物語』のイメージにぴったりだと感じ、妙に得心した瞬間でした。それからわたしは横浜を離れ、数年の年月が流れてから彼女を自宅に訪ねると、沙羅樹は枯れてしまったそうで、ほかの木が植えられていました。そして、彼女ももういません。

a0147281_22483489.jpg

まさにこの世は諸行無常。海を越えた大国の大統領が(ロシア共謀疑惑で追いつめながらもいまだに逃げ切り)、ずるくても嘘つきでも大統領ならオッケーという例を示しつづけるので、真面目だったはずのこちらの国でも、(多くの疑惑から逃げ延びるつもりの)不誠実で言葉の軽い首相に倣って、堂々と嘘をつく恥ずかしい大人が増えつつあるので、暗澹たる気もちです。

a0147281_22483791.jpg

盛者必衰の理をあらはす。おごれる者も久しからず…に早くなってくれ~


お隣の公園の四季折々を紹介するブログ park diary  も更新中。


あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
by serendipity_j | 2018-06-15 23:20 | 四季 | Comments(2)
Commented by ishikoro-b at 2018-06-18 13:46
serenさま。
今朝の地震、大丈夫でしたか?
お怪我などされてなければいいのですが・・・
大切にされているものも壊れたのでは?
お見舞い申し上げます。
岡山は震度3でしたが怖かったです。
これ以上被害が大きくならないことをお祈りしています。
余震に気をつけてくださいね。
Commented by serendipity_j at 2018-06-20 14:07
ishikoro さま

お見舞いメッセージ、ありがとうございます!
コメントに気づいていただいてに返事を書いたのに、なぜか消えてる!(か、そもそもちゃんと投稿できてなかった?)

あんなにすごい揺れは初めてで、揺れてる途中で、ああ、巨大地震がついにきたか、とすべてを失う覚悟をしたのですが、さいわい、わたしの住居も地域全体も、被害はほとんどありませんでした。

モノにこだわるくせに、あんがいモノには執着がなくって(自分でよく壊すから?)、人命第一主義なので、命さえあればほかのものを失っても惜しくはないといつも思います。

今回は、母がいなくてよかった、と心から思いました。というのも、あの超怖がりだった母が怖い思いをしなくてすんだのと、母を守らなくては、という責任や義務のプレッシャーがなかったので、自分だけならなんとかなるさ、と、大揺れしているあいだも、意外と冷静でいられたと思います。

まあこれも、被害がなかったおかげですね。インフラに影響が出て、いまもガスや水でお困りの方々がいらっしゃるし、犠牲になった方もいらっしゃるなか、じつに不謹慎ではありますが、(新たに投稿したように)ケーキなど焼いて隣人とおたがいの無事を確認しに訪ねたり、ふだんどおりの暮らしができています。

余震は、すこしずつおさまってるような気がしますけど、日本に住んでる以上、どこにいても大地震に対しての予断は許されない?

ふだん、そういう不安をいかに封印して暮らしているか、今回、よくわかりました。備えあれば憂いなし、を肝に銘じなきゃ。

ご心配とお心遣い、ありがとうございました!
<< (M6.1 の地震の翌日に焼い... | ページトップ | 梅雨どきの頭、手、足 >>