Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(218)
(104)
(92)
(91)
(91)
(89)
(89)
(87)
(86)
(84)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
冬の桂離宮 (Part 1)
at 2019-01-14 23:25
バースデイモーニング・ティー
at 2019-01-11 20:32
ふたつのダイアリー
at 2019-01-06 20:14
ホームアローンお正月、の愉しみ方
at 2019-01-03 20:48
happy new year!
at 2019-01-01 00:28
記事ランキング
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

柿色の晩秋

a0147281_21071748.jpg

たわわに実った柿が、深紅に燃えあがった紅葉と重なり、完璧な晩秋の姿を生み出しています。毎年、おなじ場所でおなじ構図を眺めておなじように感激し、足を止めていることに、毎年ハタと気づくのですが、まあこれも、何ごともなく一年が巡ってきたことに感謝すべき、ささやかな幸福? 

a0147281_21071359.jpg
色づいた柿の実と赤や黄や茶色の木の葉を眺めながら、小春日和の散歩を連日愉しんでいたところ、先週、はじめて「冬の匂い」を嗅いだ朝、急に寒さを感じて、ついにセーターを出しました。秋の花がまだ咲いていても季節は着実に進んでいます。霜月もあと数日でおしまい。もう師走です。
a0147281_21070835.jpg
年の瀬に近くなって面倒くさくなるまえに、あれやこれやのマイホーム修理プロジェクトにとりかかっています。ホームセンターを行ったついでに、パセリの種(蒔くのは3月に)やヒヤシンスの球根を買ったりも…。すると、嗚呼、ほしかったものへの物欲が堰をきったようにあふれ出し、amazonであれこれ買ってしまいました。
a0147281_21070334.jpg

きょう届いたそのうちのひとつ、バッハの無伴奏チェロ組曲のCDをずっと聴いています。チェロの音色は、(いま流行りの)マインドフルネス瞑想に最適。ほんとうは、昔もっていたジャクリーヌ・デュプレを買うつもりだったものの、どのアルバムだったのかまったく思い出せないため、チェロなら無伴奏で、バッハでしょ、と。ところが!奏者によってぜんぜん解釈が異なるので、王道のロストロポーヴィチにすべきでは、とも思いましたが、サンプルを聴き比べると、テンポが速くて週末の朝の瞑想には不向き…。素人好みではあっても、わたしにはやっぱりヨーヨーマがしっくりきますCMで聴きなれてるせい?)。だいいち、古典音楽通なんかじゃなく素人なんだし。そのヨーヨーマを聴きながら夕飯を食べ終えて、twitter で知った訃報:わたしの大好きな映画監督、ベルトルッチが亡くなってしまいました。


p.s.

新シーズンのCM はうちの娘&うちの婿ドノが音楽を担当してます↓


お隣の公園の花鳥風月をつづったブログはこちら


あぶそる~とロンドンもよろしく


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
by serendipity_j | 2018-11-26 21:25 | 四季 | Comments(3)
Commented by papricagigi at 2018-11-27 08:33
こんにちわ!
私もこの季節になると、バッハの無伴奏チェロ組曲が聞きたくなります。グレーの空、グレーの海、晩秋、にはぴったりです。私は音楽のことはさっぱりわからないのですが、この組曲はいくつか聞き比べて「János Starker」さんのが一番好きです。息遣いも聞こえてくるんですよ。それがまたきれいなんです。 キューピーのCM、聞きました!娘さんの声、なんて透明感のある歌声!うっとりしてしまいました。
Commented by serendipity_j at 2018-11-29 22:14
paprica さま

やっぱり、秋はチェロ派?
ハノス・スタルケル(で、いいのかな)?
知らない名前です、要チェックね!
昔、フォーサイスのフランクフルト・バレー団を観にいって、バッハのシャコンヌで踊る演目に感動し、さっそく無伴奏ヴァイオリン組曲のCDを買いました。
が、「通」向きの銘盤を買ってしまい、
モノラルで、しかも、レコードをCDにしてあるため、演奏に「雨」が降ってるのです!
これがまた、じつに渋~い(苦笑)。
(暗くなりすぎる傾向もなきにしもあらず)

ともかくバッハは、リュートでもなんでも、
好いわ~。
曲名などは、よく知らないんだけども…。

p.s.
あ、公園ブログにもコメントいただいてましたね。ありがとうございます! あとでお返事書くつもりで、すっかり忘れてしまってました。失礼しました!



Commented by serendipity_j at 2018-12-04 23:04
paprica さま

そっか、
János Starker はハンガリーの演奏家で、
「ヤーノシュ・シュタルケル」って読むのでしたか! (英国人はドヴォルザークを「(ド)ヴォジャーク」と呼ぶので、最初、だれのことかと思った、というケースとおなじくらいの衝撃…苦笑)
ハンガリー語は「インドヨーロッパ語族」
ではないので、アルファベットの読み方も特殊ですよね~。

youtube で、けっこう音色もクリアに、全組曲聴けました!!!
<< 紅葉が、美しすぎて… | ページトップ | 霜月のバナナとチョコ >>