Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(218)
(104)
(92)
(91)
(91)
(89)
(89)
(87)
(86)
(84)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
冬の桂離宮 (Part 1)
at 2019-01-14 23:25
バースデイモーニング・ティー
at 2019-01-11 20:32
ふたつのダイアリー
at 2019-01-06 20:14
ホームアローンお正月、の愉しみ方
at 2019-01-03 20:48
happy new year!
at 2019-01-01 00:28
記事ランキング
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

冬の桂離宮 (Part 1)

a0147281_22474465.jpg

先週、桂離宮を訪れました。建築家のタウトとグロピウスのふたりの巨匠に称賛された桂離宮。見るなら秋か冬と決めていましたが、これまで抽選に外れっぱなしで、秋よりも倍率が低そうなお正月明けを狙うと、的中。桂には小学生のときに年住んでいたので、懐かしさを胸に桂川を眺めたものの、じつは駅の東側はほとんど歩いたことがなく、未知の世界です。突如、目のまえに現れたのは緑が生い茂ったお屋敷の塀…。桂離宮の苑路の飛石を踏みながら、世紀にわたって守られてきた日本独特の文化の神髄を見出し、しずやかな美しさに酔いしれてきました。

a0147281_22371975.jpg
a0147281_22371271.jpg
a0147281_22370431.jpg
a0147281_22365881.jpg
a0147281_22365337.jpg

皇室の方々のみがくぐり抜けることのできる表門から「御幸門」までの道は、遠近法の効果を利用して苑庭に向かって幅が狭まるように造られています。池の周りに配されたお茶室を巡る苑路はゆるやかに起伏し、途中、石橋あり板橋あり、休憩所あり…。シュロを寒さから保護するためのワラは、まるで工芸品のようです。ところどころで、可愛い朱色の実をつけているのはクチナシ。石橋をわたって最初に見るお茶室「松琴停」は、市松模様のふすまが有名。17世紀に、これほど大胆でモダンでさえある意匠を考えたなんて、昔の人は凄くてエライ!

a0147281_22364881.jpg
a0147281_22364010.jpg
a0147281_22363072.jpg
a0147281_22362607.jpg
a0147281_22362185.jpg

京の宮廷文化から生じた美意識「雅」は、十二単を連想させるように絢爛豪華、というイメージが強いけれど、宮家のこの別荘はシンプルで質素で、むしろ江戸文化のように「粋」で、侘び寂びの世界。でも、浮世から断絶し、お茶を点て池に映った月を見て歌い、ただただ風流を味わうための究極のプレジャーランドだという点では、やっぱり、「雅」でございますわね。

a0147281_22361816.jpg
a0147281_22360932.jpg
a0147281_22360334.jpg
a0147281_22360093.jpg
a0147281_22355580.jpg

桂離宮の修復作業を捉えたドキュメンタリーを、かなりまえにテレビで観て以来、ここのふすまのデザインがずっと頭のなかにありました。まさにその実物を目にしているわけで、ちょっと感激…。袋戸棚のやや地味絵は狩野派の絵師、探幽によるものだそう。庭園は、池を中心にさまざまな趣向が凝らされています。池を海に、「洲浜」にわたした橋を天橋立に、灯篭を灯台に見立てた演出も。


a0147281_22354794.jpg
a0147281_22354315.jpg
風流(遊戯)のみを追求して暮らす世界は、もう、どこにも存在しません。戦後最悪の民主主義の後退に、国民の向かう先をおもんばかる天皇陛下のご苦悩は、察するに余りあります。一生遊んで暮らせるほどのお金があるビリオネアたちは、いかに自分のお金を減らさずにすむか、いかに合法的に税金を払わずにすむかを考えるのに忙しく、つねに悩みをかかえているはず。

新年早々、とんでもないニュースばかり飛びこんできて、嘘と欺瞞でかたまってゆく自分の国をなんとかしなくては、と思うけれど、これほどひどい状態になっていても、デタラメ政府を許してしまっているのは国民なのですから、その人たちの目は、いったいどうしたら覚めるのやら…。政治家の言動と行動をちゃんと見極め、有権者として、ともかく選挙へ行きましょう。



p.s.

きょう、全豪オープンが開幕しました。怪我が完治せず、涙の引退を表明した英国のマリー選手は、痛みに耐えながらフルセットの試合を戦い、力およばす、敗退――残念無念(こちらも辛い)。英国人らしい辛口のあのユーモアが、好きでした。9番シードで、身長が208cmもある米国のイズナー選手も敗退したんですけど、おなじ米国人で21歳の対戦相手オペルカ選手の身長は、なんと211cm!! わたしがあいだに立ったら、さながら、ふたりのガリバーにはさまれた小人、でしょうね。ビッグサーヴァー同士、エースの応酬戦だったよう。いっぽう、西岡選手は2回戦進出。あしたは、大坂選手と錦織選手、ダニエル選手、土井選手の試合です!




お隣の公園の花鳥風月をつづったブログはこちら


あぶそる~とロンドンもよろしく


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

by serendipity_j | 2019-01-14 23:25 | 京都 | Comments(0)
| ページトップ | バースデイモーニング・ティー >>