人気ブログランキング |
Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 outdoor
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(221)
(111)
(103)
(98)
(95)
(93)
(93)
(92)
(90)
(88)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
モロッコ流お茶時間
at 2019-08-16 22:16
猛暑に食べるナスのサンドウィッチ
at 2019-08-12 17:39
nagasaki day 2..
at 2019-08-09 15:05
hiroshima day ..
at 2019-08-06 08:53
白桃ラグジュアリー
at 2019-08-03 16:10
記事ランキング
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

冬の桂離宮 (Part 2)

a0147281_14573676.jpg

トピックは桂離宮に戻ります。午後時の入場で、暖かい時間帯のはずでした。が思惑ははずれ、冬の太陽をたびたび雲が隠し、雨が降ってきたかと思えば雪もちらつく寒い日でした。いちばんのお目当ての松琴亭をあとにすると、20人の見学者集団は案内人について苑路を進みます。つぎに訪れた賞花亭から池の向こうを眺めると、これから訪れる家屋が見えてきました。橋をわたると園林堂があります。仏さまは安置されていないとのことですが、ここは「お堂」で、唯一の瓦葺き。

a0147281_14573114.jpg

a0147281_20465004.jpg
a0147281_14572799.jpg
a0147281_20464047.jpg
a0147281_20463648.jpg
a0147281_20463241.jpg

苔に縁どられた細い橋をわたり、紅梅の老木がつけたつぼみのわずかな膨らみに、心がほころぶような気がしました。そこから奥まったところの、敷地の南端にたたずむ笑意軒に着くと、脇の生け垣のあいだから外の道や住宅、畑がのぞき、やや現実に戻されます(笑)。こちらの襖の引き手は、弓矢の矢の形(レプリカだそう)。どの建具にも伝統的な技術をもちい、デザインはどこも控えめでありながら、ディテールが凝っています(オマケの写真は賞花亭の窓で、は外部に接した家屋の屋根)。


a0147281_20462837.jpg
a0147281_20462325.jpg
a0147281_20455377.jpg
a0147281_20461962.jpg
a0147281_20461655.jpg
a0147281_20461319.jpg

そこから、三棟がつながった新御殿、中書院、古書院を遠巻きに見て、月波楼へ。こちらの茶屋は夏向きに造られたそうで、開け放たれた障子の白と外の緑のコントラストが目を惹きます。紅葉と波柄の襖も竹を張った天井裏をあらわにし、地味でいて気品を感じさせる独特の趣が。入り口には土間のような部分があり、褪色して筆のあともぼんやりとしか残っていない、巨大な絵馬のような絵が掛けられていました。月波楼を出ると、船着き場が見えます。客人は、どの茶屋へもお船で訪れたのだそう。

a0147281_20460150.jpg
a0147281_20455748.jpg
a0147281_20455071.jpg
a0147281_20454685.jpg

気づくと、最初に写真を撮った松の木が目に入りました。複雑に入り組んだ桂離宮のお庭を、これで一周したわけです。マニュアルどおりで面白味には欠ける説明(失礼!)案内に耳を傾け、遅れをとらないように写真を撮りながら歩いて回り、出発してからほぼ時間。せっかくですから、桂川に面した場所の美しい竹垣、穂垣、入り口近くの樹齢何年?の老木の写真も…。


a0147281_20453042.jpg
a0147281_20452659.jpg
a0147281_20571768.jpg
a0147281_20451825.jpg

日本は古より、手の届くところに世界を築き、というのか、スケールの大きさは意識のなかだけに留めて、箱庭のような、自然を「見立てる」美学を発展させてきたんですね。ロココの極致、壮大で絢爛豪華なヴェルサイユ宮殿を思い浮かべながら、文化の違いを改めて認識しました。究極のプレジャーランドで、お茶を点て歌を詠んだ昔の貴族たち…。や、洒落てましたねえ。



お隣の公園の花鳥風月をつづったブログはこちら


あぶそる~とロンドンもよろしく


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

by serendipity_j | 2019-01-23 21:06 | 京都 | Comments(0)
<< クリスマスから咲きつづけるカクタス | ページトップ | 睦月のカスレ(低脂肪版) >>