人気ブログランキング |
Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 outdoor
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(221)
(109)
(107)
(103)
(95)
(94)
(93)
(93)
(90)
(90)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
月曜日の白 #57(秋の白:..
at 2019-09-16 17:37
(ようやく)ことしも無花果...
at 2019-09-13 16:06
(まだ)夏のミネストローネ
at 2019-09-11 14:42
青茄子と絹厚揚げのヴィーガン料理
at 2019-09-06 23:13
雨、ポメラニアンズ、野兎の耳..
at 2019-09-03 19:44
記事ランキング
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

月曜日の白 #55(チェロキーローズ)
a0147281_20230981.jpg
今年も、薔薇の季節到来。あちらこちらのお宅の塀にからみつき、美しく乱れ咲く蔓薔薇が目に入ると、自然に足が止まります。直立不動の薔薇とはひと味ちがう、動きのある薔薇のえもいわれぬ優雅さ…。まるで花が意思をもったかのような、その野性的な奔放さにまた、魅せられます。
a0147281_20230744.jpg
a0147281_20230496.jpg
a0147281_20230267.jpg
お隣の公園のパーゴラでは無数のチェロキーローズが開花し、年に一度の(わたしが勝手に呼んでいる)「白薔薇フェア」を迎えました。原産地は中国南部や台湾などのアジアですが、18世紀に太平洋をわたって米国で帰化してしまうと、チェロキー族の女の涙と結びついてこの名前に。
a0147281_20225934.jpg
a0147281_20225694.jpg
a0147281_20225382.jpg
いっぽう日本では、江戸時代に大阪の植木屋さんがこの薔薇を広めたらしく、ナニワノイバラ(浪花/難波/浪速野茨)と呼ばれるようになったそう。イメージを決定するのがネーミングです、名前に関する逸話は米国のほうが断然ドラマティックなので、米国式で呼ばせてもらいますね。
a0147281_21381187.jpg
a0147281_20224521.jpg
ところで、きのうは母の日でした。母はもういないので、カードを送ったり(海外に住んでいたときは、いつも)、お花を贈ったり、朝からお菓子を焼いたりすることもありません。ふつうの日曜日がすごせるので、スーパーマーケットへ買い出しに行くと、先着?名様のうちに入ったらしく、赤いカーネーションをいただきました。じつは、赤いカーネーションは好みではない。けど、赤いガラスの花壜に入れて飾っています。

わたしも一応、まだ母親なのですが、うちの子どもたちからは、nothing・at・all(苦笑)。毎年連休のころにやってきていて、いつもお出かけのときに「母の日」のプレゼントをしてくれていた娘が、今年はこないことになったし…。でも、プレゼントなんか要らないけど、電話か、メールぐらい…ねえ? ま、うちに滞在するときに精一杯のおもてなしをするだけで、ふだんなにもしてあげてないので、当然なのかもしれません?

ただ、娘にも息子にも、いつもいろいろ助けていただいている義理のお母さまには、母の日にはかならず感謝の気持ちを表しなさいね、っていっているのですけど、ちゃんとしたかな~? 実の親子なら「ありがとう」を言葉にしなくても気もちは伝わっても、義理関係の場合は、ちゃんと表現することが大切。というわけで、赤いカーネーションを見ながら、心のすみっこのほうで、やや寂しい思いもしないわけでもない母の日でした。

が、夕方、(亡母の)ハトコが、お庭で咲いた梅花空木の白い花と大輪の白い蔓薔薇を届けてくれました(もちろん、指示は奥さんから。先日、どんな花が好きかときかれて、「白い花が好き」とこたえていたので)。15日は兄の命日だし、よかったわ~。ようやく咲いたうちのミニ薔薇を飾って、愛ではしても、これほどゴージャスな気分にはなれませんしね。いま、部屋じゅうが甘い薔薇の香りに包まれおり、う~ん、夢見心地です。

よい週を!




お隣の公園ブログはこちら


あぶそる~とロンドンもよろしく


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


by serendipity_j | 2019-05-13 21:56 | 花 outdoor | Comments(2)
Commented by papricagigi at 2019-05-15 03:57
素敵! 見事に満開の白バラフェア☆ 写真を見ているだけでもここまで香りが届きそうです。一重のすぅっとした姿と混じりけのない白。うっとりしました。 こちらでも野ばらのNootka Roseが咲き始めています。同じく一重で、すぐに花びらを落としてしまうのですが、爽やかな5月にぴったりの大好きなバラです。

甘いバラの香りにあふれているお部屋を思い浮かべました♪ 最高の贅沢ですねっ。
Commented by serendipity_j at 2019-05-19 23:14
paprica さま

ありがとうございます!

うわああ、rosa nutkana って、すてきすてき! 北米原産の薔薇なんですね、原種だったり、原種に近かったりする薔薇は、どこか野性的で、独特の美しさがあります。昔はあんまり惹かれなかったんだけど、最近になって魅力を発見。

先週あたりから、わがやの小さな薔薇のつぼみも、次々とひらきました。うちは集合住宅なのでミニ薔薇しか育てられませんが、paprica さんのお庭にはいつもお花が咲き乱れていて、(手入れも世話もたいへんだけど)羨ましいなあ~。
<< 豆ごはん(京料理&家庭料理) | ページトップ | 初夏はサクランボから >>