人気ブログランキング |
Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 outdoor
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(221)
(109)
(107)
(103)
(95)
(94)
(93)
(93)
(90)
(90)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
月曜日の白 #57(秋の白:..
at 2019-09-16 17:37
(ようやく)ことしも無花果...
at 2019-09-13 16:06
(まだ)夏のミネストローネ
at 2019-09-11 14:42
青茄子と絹厚揚げのヴィーガン料理
at 2019-09-06 23:13
雨、ポメラニアンズ、野兎の耳..
at 2019-09-03 19:44
記事ランキング
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

モロッコ流お茶時間
a0147281_19433667.jpg

台風10号「krosa」が去り、台風一過のスカッとした青空を期待したものの、蒸し暑いだけの通常の夏の日になりました。それでも、まあまあ涼しい風が吹いているだけマシかもしれません。暑い日に熱いお茶を飲むのは大人の(年寄りとはいわない!)愉しみ方、という気がするのですが、モロッコに思いを馳せながら、熱いミント茶を淹れました。

というのもお隣の公園には、細い園路の脇でミントが雑草化している場所があるのです。お茶となるとわが家のミントでは間にあわないし、そうだ公園で摘んで帰ろう、と思っているときにかぎって草刈りされたあとだったり…。最近は、草刈り作業の周期がなんとなくわかってきたので、「雑草放任期」のいまのうちにミントをいただくことにしました。

a0147281_19433440.jpg
a0147281_19433126.jpg

本来、ミントの葉を入れたティーグラスに注ぐモロッコのお茶は、中国の緑茶、ガンパウダー(平水珠茶)を使います。色はさほど鮮やかではなく、京番茶に近いような…。ロンドンでは、モロッコ系の移民が住んでいる地区で簡単に手に入りました。逆に、日本は緑茶の国ですから中国産の緑茶が身近にありません。で、わたしは、煎茶を使うようになりました。

a0147281_19432954.jpg
a0147281_19432669.jpg

モロッコの高級ホテルやティーサロンでは、ウェイターがピュータのポットを高くもちあげてやや仰々しく、町のカフェでは店主が大きなヤカンから、ミントの葉の入ったティーグラスに注いでくれます。それにたっぷりお砂糖を入れるのがルール。あの味と香りは再現できないものの、ま、雰囲気は愉しめますし、味と香りはニッポンとモロッコのチャンポンで…。

a0147281_19432333.jpg

この甘~いお茶を、さらに甘いお菓子と愉しむのがモロッコ流。あのローズウォーターやオレンジウォーターのかかった、バクラヴァ(モロッコでは「metaxas」と呼ばれるらし)が食べたいなあ…。こればかりは叶わぬ夢のようなので、日本の焼き菓子で我慢。うちの婿ドノのご実家からいただいた銀座ウェストの、とくに好きなクッキー2種、なかなかあいます。



本日のお茶時間:
thé vert japonais à la menthe à la marocaine
モロッコ流のミントの葉入り緑茶



世界中の罪のない人々を巻きこんだ戦争が終わってから、きのうで74年がすぎました。ご両親の思いを受け継ぎ、深々と頭を下げられる天皇皇后両陛下…。いっぽうアベさんからは、アジアの国々に被害をもたらした国の現政権のトップとして、過去に戦争を起こした当事者としての反省の言葉はありませんでした。自分ではなく「過去」の日本人がしたことなので、昔のニッポンはひどかったよね、ごめんなさい、マジで心を入れ替えました、と公言すれば、周辺国の人々の恨みも少しは和らぐ助になるかもしれないものを、いまだに「大日本帝国の恥」だと思って認めたくないというあのメンタリティ、理解しかねます。それどころか過去に学ぶこともしないで、戦前の日本のようにならなければ、と本気で思ってて、しかもあの悪いお手本のトランプさんの攻撃手法に追随しちゃうんだから、始末が悪い。

世界的に、景気後退への懸念が強くなってきてますが、相変らず口から出まかせいいたい放題の米国のトランプさんは、来年の大統領選で再選をめざして、「わたしを選ばなかったら米国経済は悪くなる」と脅しをかけているんですけど、たぶん、そこまで米国人はお人好しではないでしょうし、つぎの選挙では劣勢なのを自覚してか、みずからの愚策で現実味を帯びはじめている景気後退に、「自分を選ばなかったからだ」という理由をいまから考えてるなんて(それとか、納める税金を安くあげるために経営するゴルフ場で8頭のヤギを飼って「農地」として申請、綴りも歴史も地理も知らないのに、そういうことだけは悪知恵が働くんですよね、どこまで厭らしい人間なんでしょ。ともかく、医師免許をもってない輩が命に係わる外科手術をやってるような状態、米国は早く脱してくれなければ、世界への悪影響が大きくなるばかりです(泣)。


お隣の公園ブログはこちら


あぶそる~とロンドンもよろしく


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


by serendipity_j | 2019-08-16 22:16 | foodie | Comments(0)
<< ババガヌーシュで東地中海風ランチに | ページトップ | 猛暑に食べるナスのサンドウィッチ >>