Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(218)
(104)
(92)
(91)
(89)
(88)
(86)
(86)
(84)
(83)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
冬はムール貝
at 2018-12-15 20:32
巴里とFOU FOU
at 2018-12-12 22:34
季節が終わるときのビューティ
at 2018-12-08 21:35
真っ白な蕪のスープ plus..
at 2018-12-04 22:47
紅葉が、美しすぎて…
at 2018-11-29 21:56
記事ランキング
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

あれから…
a0147281_16213762.jpg

地球の裏側から無事生還(?)して、早くも五年。二ヵ月間におよんだ雑誌の仕事は、現地で雇ったカメラマンが途中で消えたり(わたしを見捨てて報酬のいい仕事へ)、日中は光が強すぎて撮影できなかったり、締め切りまで困難を極めました。でも、いまではすべてが懐かしい思い出に。特集記事の目玉は、この、フィリップ・スタルクがデザインしたホテルでした。
a0147281_16221296.jpg

a0147281_16223833.jpg

あまりにも遠いので、旅行の目的地にはなかなかならない南米のなかで、ブエノスアイレスはもっともヨーロッパ色の濃い都市かもしれません。哀愁をおびた旋律が心の琴線にふれるタンゴ(国民的歌い手がガルデル)そして19世紀創業のカフェなど、レトロとノスタルジーの宝庫です。
a0147281_16231146.jpg

a0147281_16233645.jpg

けれど、じつはデザインコンシャスな若いクリエーターたちが多く、彼らの住むパレルモには、素敵なブティックと、カフェとバーとレストランが、文字どおり軒を連ねています。わたしの大好きなペルー料理のお店のセビーチェは、わたし個人の〝食べ物史〟に残る絶品でした。
a0147281_16241464.jpg

a0147281_16243778.jpg

a0147281_1624572.jpg

クロリンド・テスタ(建築家)にインタヴューしたり、コルビュジエ設計の住宅を撮影したり、取材は主に建築とデザインが中心でしたが、ふだんの生活は、スーパーにかよい、お料理も食べ歩きも愉しみ、音楽を大いに堪能し、ギラギラ照りつける太陽を背に、ひたすら街中を徘徊の日々…。
a0147281_162516100.jpg

a0147281_16253766.jpg

半年暮らしたブエノスアイレスを、いつかまた訪れてみたいと思ってはいても、海外旅行の計画を立てるとしたら、やっぱりこれまでいったことのない、もっと近い国を選ぶでしょう。それでも今日は、とくべつな思い入れのある都市、ブエノスアイレスを離れた日――my own private buenos aires day――最後に見た空の青さ、決して忘れません!


p.s.
前回のポストへの、励ましのメール、優しいコメント、嬉しかったです。ありがとう。
p.p.s.
クリックひとつ、ふたつで今日のハピネスが100, 200倍に!!
you can make my day ;) thank you!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



[PR]
by serendipity_j | 2010-01-14 16:40 | buenos aires | Comments(0)
<< 真冬の〝hearty〟フード | ページトップ | 睦月の魔法 >>