Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(218)
(104)
(92)
(91)
(89)
(88)
(86)
(86)
(84)
(83)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
冬はムール貝
at 2018-12-15 20:32
巴里とFOU FOU
at 2018-12-12 22:34
季節が終わるときのビューティ
at 2018-12-08 21:35
真っ白な蕪のスープ plus..
at 2018-12-04 22:47
紅葉が、美しすぎて…
at 2018-11-29 21:56
記事ランキング
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

ロンドン、そしてパリ
a0147281_1343586.jpg

今朝のオンライン新聞で、アレキサンダー・マックイーンの訃報を読みました。自殺と知り、ショックです。ガーディアンニューヨーク・タイムズも、とうぜん追悼記事をのせています。ますますファッションに関心が薄くなったわたしも(薄いどころか、着の身着のままに近く)、各新聞のレポートをとても楽しみにしているのが、ファッションウィークの始まるこの時期なのです。
a0147281_13433021.jpg

ライター時代、2月のちょうどこの時期に、当時クロエのディテクターをしていた二十代のイギリス人、フィービー・ファイロをインタヴューするため、パリへ出張したことがありました。パリはロンドンからユーロスターですぐですし、パリにいるライターは英語が苦手とあって、わたしが呼ばれたのでした。とりわけあのころは、パリで活躍するイギリス人デザイナーが多かったようです。
a0147281_13435342.jpg

その後、ロンドンからパリにわたったデザイナーたちが、ふたたびロンドンに戻ってくる現象が起こりました。わかるような気がします。ロンドンとパリは海峡を隔てただけなのに、文化のちがいはそれ以上ですから。ロンドンにいてもパリにいてもエトランゼのわたしは、どちらのエスプリもモードも好きです。けれど、どちらの都市からも消えていってしまったものがあります。
a0147281_13441390.jpg

それは帽子屋。ココ・シャネルは帽子屋でしたし、帽子はファッションのなかでもっともロマンティックなアイテムです。男女とも洒落た帽子をかぶっていたわたしの両親の時代でなくとも、90年代なら、ロンドンにもパリにも、素敵な帽子屋がありました。最近では、脚光を浴びるのはもっぱらショーのときだけ。マックイーンのショーも、いつも帽子が印象的でした。残念です。


(上段の写真2枚がパリで下段の写真2枚がロンドン。どちらも90年代)

p.s.
きてくださって、ありがとうございます。
クリック、クリックも、どうもありがとうございます!
you can make my day ;) thank you!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



[PR]
by serendipity_j | 2010-02-12 14:02 | london | Comments(2)
Commented by mizue_uk at 2010-02-13 07:11
訃報、驚きました。しかも、母親の死を追っての自殺だなんて . . .あまりにも繊細過ぎると言うか、悲し過ぎます。
特にファンとかでもないですし、ファッションにも疎いですが、それでも新聞にファッションウィークの特集が出たりすると、ついつい眼を魅いているのは彼のショーだったりするわけで . . .何とも言えない気持ちですね。
帽子、フランス人は女性からおばあちゃんに至まで帽子のセンスがいいな、とよく思いました。帽子の似合うおばあちゃんになりたいです。
Commented by serendipity_j at 2010-02-13 12:38
mizewさま

わたしもmcqueenの服を着ようとは思ったことは一度もないんですけど、avant-gardeなデザイナーが好きなので、気持ちのうえではいつも応援してました。ファッション関連の記事を読むと、それにしても、mcqueenをはじめ、若い(もうそうでもないか?)デザイナーに大きな影響を与えた川久保玲は偉大だなあと思うのですが、その対極にあるような、帽子をあわせるようなクチュリエとしてのファッションも、生き残って欲しいなと思うし、女心は複雑です(でも、結局、ファッションにはあまり投資できないわたし…苦笑)。

素敵なv-day weekendを!
<< happy new tết! | ページトップ | 梅づくし >>