Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(216)
(103)
(92)
(91)
(87)
(86)
(85)
(84)
(83)
(80)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
秋の花蝶風月(+ロンドン土産)
at 2018-10-19 21:32
秋刀魚の味
at 2018-10-12 22:30
雨が残した無数のダイヤモンド
at 2018-10-06 23:26
幸せな朝食(自家製ジャムつき..
at 2018-09-29 20:14
月曜日の白 #52(ニラとヒ..
at 2018-09-24 22:02
記事ランキング
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

2018年 05月 01日 ( 1 )
季節を感じる若ゴボウと鯛

a0147281_23161920.jpg

この春はどういうわけか、食材の調達に行った先々で活きのいい鯛を目にするたび、こんな立派なお魚を家で料理するような人生にはならかった(笑)、と少々淋しい気持ちを覚えました。が、もともと魚は数えるほどしか名前がいえず、調理も得意ではありません。


六本木の与太呂でいただいた鯛めしの味は、遠い昔のことなので忘れつつあります。でもいいお魚はやっぱりプロにお任せしたほうがよさそうです。とは思いつつ、冷凍室に小さな鯛を眠らせておいたので、(あくまで家庭の味の)鯛めしに挑戦することにしました。

a0147281_23161677.jpg
a0147281_23161370.jpg
調理法は、お米のうえにそのままのせて蒸し煮にするか焼いてからのせるか…。ま、鮮度に欠ける場合は後者で? 与太呂の鯛めしは「白かった」記憶からお醤油は使わず塩と昆布で味つけしたものの、これ、ちょっと素人には無茶だったかも。香ばしくは炊けましたが。

a0147281_23161000.jpg
a0147281_23160759.jpg

最近、シーザーサラダに欠かせないロメインレタスをよく見かけます。数年まえの台湾旅行では、ホテルのバフェット式の朝食で見つけて、珍しくて毎朝食べていました。じつは、米国でいまロメインレタスが原因で大腸菌感染が広がってますから、よく洗いましょう。

a0147281_23160435.jpg
a0147281_23160080.jpg
一方、短い期間しか出回らないのが、大阪は八尾の名産「若ゴボウ」。どんな風に食べるのかしらん?と思っていたら、階下のS夫人に採れたてをいただきました。茎をゆがいたら鮮やかな緑になり、アンジェリカのようです。けど、とりあえずピクルスに。新しい味でした。

a0147281_23155756.jpg
a0147281_23155362.jpg
著名なシェフのいるノルディック料理のレストランでは、生野菜に酢漬けにした野菜を加えたサラダが主流だそう。ということで、ピンセットを使って食用花を飾った芸術的なサラダとはだいぶ違うものの、真似てみました。栄養面では、これでも申し分ありません。


本日の和洋折衷食 : mini red-seabream claypot rice/ romain + iceberg lettuce salad with young burdock stalk + cauliflower pickles ミニ鯛めし/若ゴボウの茎とカリフラワーのピクルス入りレタスのサラダ


よい黄金週間を!


あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
by serendipity_j | 2018-05-01 23:44 | Comments(0)
| ページトップ |