Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(218)
(104)
(92)
(91)
(89)
(88)
(86)
(86)
(84)
(83)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
季節が終わるときのビューティ
at 2018-12-08 21:35
真っ白な蕪のスープ plus..
at 2018-12-04 22:47
紅葉が、美しすぎて…
at 2018-11-29 21:56
柿色の晩秋
at 2018-11-26 21:25
霜月のバナナとチョコ
at 2018-11-21 22:42
記事ランキング
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

カテゴリ:四季( 92 )
紅葉が、美しすぎて…

a0147281_21494840.jpg

夜のあいだ降っていた雨があがり、すっきりと晴れた朝。晩秋に、これほど好条件のそろった日を、逃す手はありません。用事をすませたわたしは、公園へ紅葉狩りに…。きょうあたりがピークです。

a0147281_21494532.jpg
a0147281_21494158.jpg
a0147281_21493801.jpg
a0147281_21493470.jpg

すでに訪問者でにぎわう紅葉谷では、濡れていっそう鮮やかさがきわだつ赤や黄の葉に、朝の陽の光があたって「別世界」。えもいわれぬ美しいその光景に、あちらこちらから感嘆の声が聞こえてきます。

a0147281_21493133.jpg
a0147281_21492503.jpg
a0147281_21492219.jpg
a0147281_21491928.jpg

今週はずっとカメラをもって歩いていました。意図せず、結局おなじ構図でシャッターを押しているので、一昨日撮ったものと比べると紅葉が進んだことがわかります。いずれ、枯れてしまうのですね。

a0147281_21491404.jpg
a0147281_21491141.jpg
a0147281_21490659.jpg

どこに目を向けても美しすぎて、ついつい写真を撮りすぎてしまうのが、この紅葉シーズンの難点…?



お隣の公園の花鳥風月をつづったブログはこちら


あぶそる~とロンドンもよろしく


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
by serendipity_j | 2018-11-29 21:56 | 四季 | Comments(0)
柿色の晩秋

a0147281_21071748.jpg

たわわに実った柿が、深紅に燃えあがった紅葉と重なり、完璧な晩秋の姿を生み出しています。毎年、おなじ場所でおなじ構図を眺めておなじように感激し、足を止めていることに、毎年ハタと気づくのですが、まあこれも、何ごともなく一年が巡ってきたことに感謝すべき、ささやかな幸福? 

a0147281_21071359.jpg
色づいた柿の実と赤や黄や茶色の木の葉を眺めながら、小春日和の散歩を連日愉しんでいたところ、先週、はじめて「冬の匂い」を嗅いだ朝、急に寒さを感じて、ついにセーターを出しました。秋の花がまだ咲いていても季節は着実に進んでいます。霜月もあと数日でおしまい。もう師走です。
a0147281_21070835.jpg
年の瀬に近くなって面倒くさくなるまえに、あれやこれやのマイホーム修理プロジェクトにとりかかっています。ホームセンターを行ったついでに、パセリの種(蒔くのは3月に)やヒヤシンスの球根を買ったりも…。すると、嗚呼、ほしかったものへの物欲が堰をきったようにあふれ出し、amazonであれこれ買ってしまいました。
a0147281_21070334.jpg

きょう届いたそのうちのひとつ、バッハの無伴奏チェロ組曲のCDをずっと聴いています。チェロの音色は、(いま流行りの)マインドフルネス瞑想に最適。ほんとうは、昔もっていたジャクリーヌ・デュプレを買うつもりだったものの、どのアルバムだったのかまったく思い出せないため、チェロなら無伴奏で、バッハでしょ、と。ところが!奏者によってぜんぜん解釈が異なるので、王道のロストロポーヴィチにすべきでは、とも思いましたが、サンプルを聴き比べると、テンポが速くて週末の朝の瞑想には不向き…。素人好みではあっても、わたしにはやっぱりヨーヨーマがしっくりきますCMで聴きなれてるせい?)。だいいち、古典音楽通なんかじゃなく素人なんだし。そのヨーヨーマを聴きながら夕飯を食べ終えて、twitter で知った訃報:わたしの大好きな映画監督、ベルトルッチが亡くなってしまいました。


p.s.

新シーズンのCM はうちの娘&うちの婿ドノが音楽を担当してます↓


お隣の公園の花鳥風月をつづったブログはこちら


あぶそる~とロンドンもよろしく


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
by serendipity_j | 2018-11-26 21:25 | 四季 | Comments(3)
晩秋は、コローの樹とコンスタブルの空

a0147281_21250424.jpg

待ってました!と口に出して言いたくなるほどの、美しい秋の日がつづきます。まださほど寒くなく、紅葉を追いかけて、どこまでも歩きたくなるような季節です。毎年この時期になると、足を止めては悦に入るスポットが公園にあります。とりわけ晩秋の風景が美しく、澄んだ空と背の高い樹々が、子どものころから憧れてきたあるふたりの画家の絵を、ほうふつとさせるのです。

a0147281_21245725.jpg

カミーユ・コローはバルビゾン派の画家で、フォンテーヌブローの森の牧歌的な風景を多く描きました。いまからウン十年まえの11月、はじめてのパリ旅行でその風景をこの目で見たいと思い、パリから電車に揺られてフォンテーヌブローに到着したものの、お城のまえで記念撮影するころにはすでに陽が傾きはじめ、森までいきつくことができませんでした(苦笑)。


a0147281_21244165.jpg
a0147281_21243698.jpg

そのコローに影響を与えたのが、英国画壇に風景画の価値をはじめてもたらしたジョン・コンスタブルです。彼の故郷として有名なサフォークも訪れたことがあります。コンスタブルはターナー同様、写実ではなく心の眼で見た景色の油彩スケッチを試み、彼自身はそれを完成した「抽象画」として捉えていたようです。それが、やがて印象派や表現主義を生むことになるのです。

a0147281_21242977.jpg

日本の美しい景色を見ながら、すぐにフランスや英国などの景色と重ねるのは、いけ好かない女の外国かぶれみたいで自慢すべき傾向ではありませんが、毎年秋になるとお馴染みのお隣の公園で、「コローの樹、コンスタブルの空」と勝手に名づけたその場所で、あれやこれや昔を懐かしく振り返ります。未来についてはまったく想いを馳せなくなったのは、わたしの人生も秋だからでしょうね(笑)。


p.s.

カリフォルニアの山火事は、さらなる犠牲者が600人以上にのぼるらしく、唖然とします。すべてを焼き尽くされ、築いてきたものを失うのは悲劇でも、命が助かったのならヨシとせねばなりませぬ? いっぽう、お金持ちは「私設消防団」を雇っているので、お屋敷は焼かれずにすんだんだそう。


相変らず、名誉欲だけで生きてるアビさんの(ことごとく呼び方を変えて内容をごまかすという)政策と(海外に行ってだれかに会ってるってだけの税金浪費)外交に腹を立て、海の向こうの(息を吐くように嘘をつき、気に入らない相手を攻撃するか自分への批判をそっくり相手への批判にすり替える、地球上でもっとも下品で愚かな生き物)爆愚トランプの言動に怒り心頭で、ご両人を茶化すツウィートや記事やニュースやトーク番組を見ては思い切り笑い、なんとか、気をとりなおして生きてます。でなかったら、いまの世の中、酷すぎよ、ほんと。あとは、ゴヒイキさんの明るいニュースを入手して、気持ちをアップ。ファイナルの錦織選手は、ちょっぴり残念な終わり方でしたけど、フェデラー選手には勝てたのだし、よい年でしたね! 4回転に挑戦宣言した高橋選手、日本選手権、頑張ってほしいです(スイマセン、羽生選手には興味がなくて…)。そうそう、あしたは英国でラグビーの試合も。相変らず、スコア見るだけですけどね、応援します。


よい週末を!



お隣の公園の花鳥風月をつづったブログはこちら


あぶそる~とロンドンもよろしくお願いいたします。今回のトピックは、映画業界人や評論家が投票した「(英語以外の)傑作映画トップ100」。日本の映画は世界に誇れる文化遺産!



[PR]
by serendipity_j | 2018-11-16 22:01 | 四季 | Comments(0)
秋の花蝶風月(+ロンドン土産)

a0147281_21112703.jpg

空がとっても高い~(低い~)、いちばん好きな季節~♪とユーミンの歌を秋ヴァージョンに変えて、歌い出したくなるような気候です。赤トンボはすっかり見かけなくなったものの、蝶は精力的に活動中。先日、胸の紅い野鳥がうちのバルコニーにやってきて、しばらくこちらをのぞいていました。初めて見る姿なのですぐに調べると、磯鵯(イソヒヨドリ)の雄。ここは海からは遠いけれど、最近は内陸部の市街地にも棲んでいるそう。


先月の中頃までは、暑さのあまり、歩きたくても歩けなかった分をとり戻したいというわけではないけれど、いまは好きなだけ歩けそう。まだまだ葉が青々と茂った公園では一生を終えた草が増え、紅葉もはじまって、日々、季節が移ろっています。日曜日は十三夜、空が澄んでいるので月もきれいです。この夏は火星が大接近しましたが(ペルセウス座流星群も!)、昨夜も月のそばにはっきりと火星が見えました(写真は2か月まえの火星)。

a0147281_21112216.jpg
a0147281_21111944.jpg
a0147281_21111517.jpg

今週は梅田まで出かけて、ロンドンから一時帰国している友人(あぶロン編集長)に、2年ぶりで再会。年はかなり離れているものの、もう20年くらいのおつきあいです。ということは彼女、結構なお年頃になっているはずなのにいつ見ても驚くほど若い! 毎回いただくお土産もたのしみで、今回は「チューダー朝ハーブバー」(種)という、春が待ち遠しくなるような品も。(食べるために)ハーブを育てているので、気が利いてます。

a0147281_21111281.jpg
a0147281_21110883.jpg

食材を仕入れにスーパーにかよう道すがら、いつも目がいく花や果樹や野菜が植えてある空き地で、例年よりも遅く咲いた紫苑の花が、満開になっていました。秋らしい紫の花の群れに足をとめ、見とれること数分…。とにかく秋は素敵です。ふたたび歩きだしたとき、頭のなかではずっとユーミンの「ハルジョオン(ん?そんな花はないはず…)ヒメジョオン」が流れ、気分はすっかり「紅雀」(笑)。感傷的になるのも、秋の好いところ。

a0147281_21110572.jpg
a0147281_21110069.jpg


素晴らしい週末を!


お隣の公園の花鳥風月をつづったブログはこちら


あぶそる~とロンドンもよろしく


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
by serendipity_j | 2018-10-19 21:32 | 四季 | Comments(2)
うちの山蒲萄狩り、復活

a0147281_20190795.jpg

昨夏は、花がたくさん咲いたものの、小さく膨らんだ青い実がすべて落ちて、ひと粒も実らなかったうちの一才山蒲萄。バルコニーで育てるには大きくなりすぎ、枝も傷んでいたので冬のうちにかなり刈りこみました。で、やや心配でしたが、ずいぶん小柄になったこの夏、いちばんの豊作となりました。

a0147281_20190300.jpg
a0147281_20185888.jpg

いつも葉月に入ると、丸々と太った緑の実がいっぺんに紫に色づき、お盆のころにはその紫がさらに深い黒紫になります。ことしも無事にいい色になったので、青い実が多い房を残して、お盆すぎに収穫しました。そして、夜中に台風cimaron20号)が通過することが予想されたきのう、残りを収穫。

a0147281_20185190.jpg
a0147281_20184705.jpg

学名がvitiscongnetiea で、英語ではcrimsonglory vine と名前がついたのは、柄が紅くなることから。紅葉もきれいです。この一才山蒲萄を育てて(笑)10年以上になりますけど、毎日の水やりだけはかかせないため、おかげで夏はどこにもいけませんが、なにもしなくても自分だけで実をつける優等生。

a0147281_20184121.jpg

蒸し暑さにくたびれしまい、なにもする気になれないこのごろ…。収穫した山蒲萄は、とりあえず、冷凍室で眠らせてます(苦笑)。



お隣の公園の花鳥風月をつづったブログはこちら


あぶそる~とロンドンもよろしく


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
by serendipity_j | 2018-08-24 20:32 | 四季 | Comments(0)
沙羅双樹の花の色

a0147281_22485028.jpg

ことしになって、運動もかねてかなり遠くのスーパーマーケットにかようようになったのですが、各玄関先で咲いているお花がきれいな静かな住宅地を抜けるルートが、最近ようやく定着。水無月に入ってしばらくしてから、いつものようにさまざまなお花に見とれながら歩いていると、一軒の住宅のまさに玄関先で満開を迎えた沙羅樹が目に入り、思わず足がとまりました。

a0147281_22484726.jpg
ある日突然、花が咲いているのが目につくまで、それがいったいなんの木かなど気になったこともなかった木…それが、羽二重のごとく光沢のある真っ白な花を無数につけていたのです。沙羅樹でした。二年まえに旅立った、横浜の友人を思い出します。みずからひとつひとつ選んで色をそろえたという、赤レンガの素敵な自宅が完成したとき、彼女が玄関先に植えた木でした。
a0147281_22484466.jpg
多感なころに、初めて『平家物語』の「祇園精舎」を耳にしたわたしは、祇園精舎が寺院を意味するなどまったく知らないまま(苦笑)、これほど美しい日本語の文章はほかにない!とシビレてしまったことがあり、その、平家物語に登場する沙羅双樹の花(本来の樹は、このナツツバキとは別物だそう)を、彼女の家で初めて見て、その美しさにまたシビレてしまったのでした。
a0147281_22484179.jpg

ラッフル状に縮れた花びらの縁の裂け具合と、金色の雄しべがひきたつ純白の透明感が、耽美的です。どこか冷たい響きを残す『平家物語』のイメージにぴったりだと感じ、妙に得心した瞬間でした。それからわたしは横浜を離れ、数年の年月が流れてから彼女を自宅に訪ねると、沙羅樹は枯れてしまったそうで、ほかの木が植えられていました。そして、彼女ももういません。

a0147281_22483489.jpg

まさにこの世は諸行無常。海を越えた大国の大統領が(ロシア共謀疑惑で追いつめながらもいまだに逃げ切り)、ずるくても嘘つきでも大統領ならオッケーという例を示しつづけるので、真面目だったはずのこちらの国でも、(多くの疑惑から逃げ延びるつもりの)不誠実で言葉の軽い首相に倣って、堂々と嘘をつく恥ずかしい大人が増えつつあるので、暗澹たる気もちです。

a0147281_22483791.jpg

盛者必衰の理をあらはす。おごれる者も久しからず…に早くなってくれ~


お隣の公園の四季折々を紹介するブログ park diary  も更新中。


あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
by serendipity_j | 2018-06-15 23:20 | 四季 | Comments(2)
冬将軍の到来で紅葉は“最終章”

a0147281_21531641.jpg

日曜日。寒さを我慢して夜空を見あげると、燦然と輝く銀色のスーパームーン…。その光の並外れた美しさに感激しましたが、それにしても寒い、寒い、寒い。冬将軍が居座り、真冬の寒さがつづきます。公園にはほんの最近まで、季節を忘れたようにまだ青々としていたモミジの木が何本かあったのに、このところの冷え込みであっという間に色づきました。それでも、夜に降る雨の適度な湿り気のおかげで寿命は延びたのですが、昨日の強い風で多くの葉が吹き飛ばされてしまいました。

a0147281_21532188.jpg
a0147281_21532451.jpg
a0147281_21532731.jpg

紅葉が遅かったドウダンツツジ。池のそばで目を引きます。

a0147281_21533071.jpg
a0147281_21533353.jpg

野鳥の集まる、奥まった場所だけで見られる落ち葉の絨毯。

a0147281_21533666.jpg
a0147281_21533930.jpg
a0147281_21534217.jpg
a0147281_21534523.jpg

ラクウショウもメタセコイヤも、風に踊らされていました。

a0147281_21534996.jpg
a0147281_21535147.jpg
a0147281_21535409.jpg

頬をさす冷たい風が吹いてても、青空なら文句ありません。

a0147281_22002109.jpg

a0147281_21540292.jpg

a0147281_21540588.jpg

遠くに望む山々も、日に日に色が変化します。

a0147281_21540987.jpg
a0147281_21541446.jpg

来年のことを言って鬼に笑われるかもしれませんけど、新年2日は来年最大のスーパームーンだそう。たとえどんなに寒くても、快晴になることだけを祈りましょう。


あぶそる~とロンドンもよろしく。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2017-12-06 22:14 | 四季 | Comments(0)
霜月のセレンディピティ

a0147281_22300473.jpg
霜月が終わります。巡る月日の、なんという速さ! これは、歳のせいなのかもしれませんが…。ともかく、2017年もあとひと月です。

a0147281_22302142.jpg
きのう、公園で摘んだ野草。ワルナスビもまだ咲いていました。

a0147281_22301412.jpg
a0147281_22301750.jpg

蝶を見たのは13日で、コオロギの声を最後に聞いたのは25日。

a0147281_22302418.jpg
このガクアジサイは遅咲きのようです。晩秋になっても咲きます。

a0147281_22302987.jpg
a0147281_22303246.jpg
茜色の陽が沈むと、瞬く間に夜の帳が下りるようになりました。

a0147281_22303622.jpg
a0147281_22303989.jpg

ことし最後の月に、思いがけない幸運が、見つかりますように…



あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2017-11-30 22:39 | 四季 | Comments(0)
終盤に近づく紅葉“第三章”

a0147281_12280872.jpg

いよいよ、霜月も最後の週。公園のもみじ谷では連日、写真を撮るために足をとめる人たちの姿があちこちで見られます。この秋もなんとか、「息を呑むほどの美しさ」にもいく度か出会えました。とはいうものの、そばに寄ると劣化が目立ちますが…。

a0147281_12281492.jpg
a0147281_12281872.jpg
a0147281_12282066.jpg

それでも、さまざまな彩度の赤や黄の葉に溜息。

a0147281_12282604.jpg
a0147281_12282929.jpg
今年は、モミジの色づき方がやっぱり変。木のよってはまだ夏の青々とした葉だったり(つまり、年の瀬近くにも紅葉が見られる?)、おなじ枝の葉でも、緑に黄色に赤に、そして枯れて茶色になっていたりと、夏と秋と冬が存在するような感じです。

a0147281_12283249.jpg
a0147281_12283561.jpg
a0147281_12283793.jpg

光を浴びた葉、雨に濡れた葉。豊かな表情の秋。

a0147281_12284099.jpg
a0147281_12284339.jpg
a0147281_12284609.jpg

毎秋、意図せずにおなじ場所にばかりカメラを構えてしまうため、おなじような図になりがちでしたが、この秋はいつもと少し紅葉の仕方がちがうおかげで、きれいな紅葉を探しにこれまで目を向けなかったところに入りこみ、新しい発見がありました。

a0147281_12284845.jpg
a0147281_12285147.jpg

あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2017-11-26 12:35 | 四季 | Comments(0)
師走の寒さと紅葉“第ニ章”

a0147281_16391766.jpg

今朝はスニーカーではなくドクターマーティンのブーツをはき、ベレーをかぶって外に出ました。手袋まではめたのでちょっとやり過ぎかな?と思ったものの、そんなことはない、お仲間があちらにもこちらにも…。寒気が南下していて、明日の朝の気温は3℃台という予報。年末を思わせる寒さになるのは、ちょっと早すぎますよね。

a0147281_16392220.jpg
a0147281_16392742.jpg
a0147281_16393228.jpg

さて、今秋の紅葉は、公園にかぎっていえばベストではありません。モミジの葉などは、夏のような青々とした木もあれば、色づきもまだそこそこのまま枯れてチリチリした木も。1本の木が2トーンのように色づいていたり、色づいた葉もなぜかどす黒い感じだったりで、思わず息を呑むほどの美しい紅葉には、お目にかかっていません。

a0147281_16393695.jpg
a0147281_16394280.jpg

毎秋、近くの川べりを赤く染める桜は、わざわざ足を止めてみとれることが多かったのに、この秋は(この秋も、というべきかも)、葉が赤くなるまえに落ちるか赤うならずに茶色く枯れるかで、例年のような美しさは見られませんでした。夏の暑さ、そしてここ23か月間に降った雨の量や高めの気温が、影響をしているのでしょう。

a0147281_16394697.jpg
a0147281_16394940.jpg
a0147281_16395482.jpg

一方、柿は今年、豊作のようです。公園にはいたるところに柿の木があり、どの木を見ても、裸木に鮮やかな柿色の実が文字どおり鈴なり…。先月、大型台風の去ったあとには、ずいぶんたくさん柿が落ちていました。拾わずにはいられない性質なのでたくさん拾いましたが、ちょっと飾って、捨てました(ほとんどが渋柿です)。

a0147281_16395927.jpg
a0147281_16400362.jpg
a0147281_16400761.jpg

今年は、モミジ同様、沼杉もおかしな色づき方をしています。1本の木が、明るい茶のトーンとグリーンを帯びた暗いトーンの2トーンのグラデーションに。全体を見ると綺麗な色づき方ではないとはいえ、なんとも魔訶不思議な彩…。たしかにこの秋は、少々ガッカリな紅葉狩りにはなっていても、そんな色彩の妙に感激します。

a0147281_16401109.jpg
a0147281_16401694.jpg
a0147281_16402097.jpg

ああ、陽がまた落ちる…。今度は『gossip girl』のビンジウォッチャーになってしまっていて、毎晩夜ふかししているせいで、日中ガンバっててもこの時間になるとつられてまぶたが落ちてきます。

a0147281_16402523.jpg


あぶそる~とロンドンもよろしく。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2017-11-16 16:55 | 四季 | Comments(0)
| ページトップ |