Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(217)
(103)
(92)
(91)
(89)
(86)
(86)
(85)
(84)
(83)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
晩秋は、コローの樹とコンスタ..
at 2018-11-16 22:01
京都のおうどん(& 親子どん)
at 2018-11-12 23:24
秋色に染まりはじめた京都、祇..
at 2018-11-08 21:43
秋色に染まりはじめた京都、祇..
at 2018-11-04 22:19
タンポポのサラダ(いまが旬)
at 2018-11-02 22:18
記事ランキング
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

<   2018年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
夏の「和」タイム

a0147281_21244567.jpg

葉月も終わるというのに、この残暑といったら、半端ない(笑)! 夏を愉しむ、などいうのは夢のまた夢。蒸し暑くしのぎにくい夏が去るのを、ただただ待つだけです。とにかく、何かしようという気力がわかないのが、困りもの。とはいうものの、急におそばが食べたくなって、だったら、と36度もある台所で天ぷらを揚げたりすることもあるのですが…。

a0147281_21244088.jpg
a0147281_21243618.jpg

そんな手づくり生活なので、お惣菜を買うことはあまりないいっぽう、スーパーやデパ地下で誘惑に負けてしまうのは、猛暑のつづく夏だから。というわけで、お手軽でためにさっぱりしたパック入り安いお寿司を買ってしまいました(ま、自分ではつくれないし?)。ただ手抜きご飯でも、盛りつけを見栄えよくアレンジ。こういうときこそ、ふだん使わない漆器などで。

a0147281_21243390.jpg
a0147281_21242900.jpg

これにちょっと気分をよくし、今度は午後のティータイムにお茶を点てました。デパ地下で、生まれた家のご近所だったお店の平安殿」が目に入り、お供え用に買ったのをそろそろ食べちゃいましょう、と。子どものころ、これが好物だった兄はいつも飽きるほど食べ、そもそもわたしはあんこが苦手でこの柚子餡は食べられなかったのに…大人になると変わるもんです。


a0147281_21242550.jpg

じつは、元義理の母がケアホームに入ったため、家財道具を整理することになり、もらい手がなく捨てられる運命にあった和食器が、先日わたしのところへ運ばれてきました(skypeで見ながら、選んだんですけどね)。同居をしていた時期もあるので、よく見かけた懐かしいものも含まれていますが、この萩焼きらしき抹茶碗は、おそらく元義理の母のお気に入りだった器のひとつ。亡母の使っていた「鴨川踊り」のお皿を合わせて。

a0147281_21242144.jpg
a0147281_21241611.jpg

母にもらった都踊りのお皿だとか、母が親から受け継いだ菓子鉢など、ほかにもたくさんあったのに、何度か海を横断し、引っ越しを繰り返すうちに失くしてしまい、いまでもその無責任さには負い目を感じます。蚤の市で見つけた陶磁器にもいえますが、和食器は、IKEAで買った食器などとちがってひとつひとつに思い入れがあり、自分ではよく割るくせに、失くしてしまったものに対してなかなかあきらめがつけられません。


色も形も用途もさまざまで、種類が多くて、すぐに手の届くところにしまえてない和食器は、ふだんの(おひとりさま用)食卓に並ぶ機会がないので、こうしてたまに、堅苦しい流儀抜きの「和」タイムをもつことにしています。




お隣の公園の花鳥風月をつづったブログはこちら


あぶそる~とロンドンもよろしく



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2018-08-29 22:04 | miscellany | Comments(0)
うちの山蒲萄狩り、復活

a0147281_20190795.jpg

昨夏は、花がたくさん咲いたものの、小さく膨らんだ青い実がすべて落ちて、ひと粒も実らなかったうちの一才山蒲萄。バルコニーで育てるには大きくなりすぎ、枝も傷んでいたので冬のうちにかなり刈りこみました。で、やや心配でしたが、ずいぶん小柄になったこの夏、いちばんの豊作となりました。

a0147281_20190300.jpg
a0147281_20185888.jpg

いつも葉月に入ると、丸々と太った緑の実がいっぺんに紫に色づき、お盆のころにはその紫がさらに深い黒紫になります。ことしも無事にいい色になったので、青い実が多い房を残して、お盆すぎに収穫しました。そして、夜中に台風cimaron20号)が通過することが予想されたきのう、残りを収穫。

a0147281_20185190.jpg
a0147281_20184705.jpg

学名がvitiscongnetiea で、英語ではcrimsonglory vine と名前がついたのは、柄が紅くなることから。紅葉もきれいです。この一才山蒲萄を育てて(笑)10年以上になりますけど、毎日の水やりだけはかかせないため、おかげで夏はどこにもいけませんが、なにもしなくても自分だけで実をつける優等生。

a0147281_20184121.jpg

蒸し暑さにくたびれしまい、なにもする気になれないこのごろ…。収穫した山蒲萄は、とりあえず、冷凍室で眠らせてます(苦笑)。



お隣の公園の花鳥風月をつづったブログはこちら


あぶそる~とロンドンもよろしく


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
by serendipity_j | 2018-08-24 20:32 | 四季 | Comments(0)
(旬が短い)アプリコット、ゴージャスな愉しみ方


a0147281_16243706.jpg

ご近所のお店では、なかなか顔を見せてくれない果物、杏。毎年、杏を食べるのを愉しみにしていた母が亡きあとは、つまり昨年は、手に入れることができませんでした。今年はかなり注意して、デパ地下などどこへ行っても青果コーナーをのぞいていたものの、やっぱりどこにもない…。とあきらめていた7月の最後の週、自宅から少し離れた場所にあるお店に、ありました!


それほど貴重な杏ゆえ、この幸せをなんとか長持ちさせたい、と毎回思います。重宝するアプリコットジャムはもちろんのこと、この夏はいくつかシロップ漬けにしました。長くもつように少し長く煮たので(皮はむくべきではなかった?)すっかり型崩れしてしまったものの、冷蔵庫へ…。

a0147281_16243305.jpg

残暑の厳しい夏の午後、このシロップ漬けをブレンダーにかけてピュレにし、ソルベをつくりました。ヴェルモットを加えるので大人用。が、アイスクリームマシーンがないので、なめらかな舌触りは望めませんが、数時間ごとにフォークでかきまぜかきまぜ、結局、完成は翌日。c’estbon です。

a0147281_16242809.jpg
a0147281_16242593.jpg

このまえにつくったのが、シロップ漬け杏入りの寒天でした。どうも味があっさりしてしまったので、シロップ漬けの杏も添えて…。それでもまだ、どうもなにか足りない感じ…。シロップ漬けの完熟梅よりは甘い、とはいってもかな~り酸っぱい。で、抹茶アイスクリームと一緒に。正解でした。

a0147281_16242159.jpg

a0147281_16241898.jpg

焼き菓子に利用することの多いアプリコットジャム。煮ているときに漂う芳しい香りが大好きです。フランス人にならって、仁(杏仁豆腐の杏仁)を入れてつくります。じつはこの仁に、毒の成分が含まれているという研究結果が出たようなんですが、ま、食べなきゃいい? まろやかな風味が出ます。

a0147281_16240674.jpg

本日のアプリコット三昧 :

sorbet à l'abricot/ compoted'abricots frais/ gelée d'abricot à l'agar-agar avec glace au thé vert mactha/ confiture d’abricotsfait maison 

杏ソルベ/杏のシロップ漬け/杏寒天の抹茶アイスクリーム添え/杏ジャム



お隣の公園の花鳥風月をつづったブログはこちら


あぶそる~とロンドンもよろしく


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

[PR]
by serendipity_j | 2018-08-19 17:02 | クッキング preserve | Comments(0)
ワルナスビはワルクナイ?

a0147281_16550768.jpg

73年まえに戦争が終わった日。お盆といっても、郵便局も通常どおりの営業で、お掃除の方々もきょうはお休みではないものの、ご近所は心なしかいつもよりひっそりとしています。

曇っているのか晴れているのかよくわからない空模様のなか、いつものようにサングラスをして帽子をかぶり、傘をもって昼まえの公園にむかうと、雨がパラパラと降りだしました。

a0147281_16550389.jpg
a0147281_16545929.jpg

公園はいつになく人影もまばら。それでも、子どもたちの虫捕りにつきあうお父さんやおじいさんの姿が。蝉の合唱に交じって、コオロギの優しい鳴き声が聞こえるようになりました。

雨は結局、たいした降りではありませんが、道が濡れて光るほど降ったのは、ここ数週間でははじめて。とはいえ水分補給とはいえず、紫陽花の葉はどれも力なく垂れ下がっています。

a0147281_16545583.jpg
a0147281_16545068.jpg
a0147281_16544620.jpg

それにしても、雑草は元気です。とりわけ繁茂しているのが、世界中で嫌われているワルナスビ。猛暑にも打ち勝ち、棘もあり毒もあるので寄りつかれず、公園でもテリトリー拡大中。

でもよく見ると、ナスの花ほどデリケートではないけれど、淡い紫色の花びらに、黄色の大きな花芯のついた、ちょっと野性的な可愛い花なんです。棘に気をつけて摘んで帰りました。




お隣の公園の花鳥風月をつづったブログはこちら


あぶそる~とロンドンもよろしく


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
by serendipity_j | 2018-08-15 16:59 | weed | Comments(0)
白桃と茉莉花

a0147281_16323478.jpg

立秋がすぎて、北のほうから涼しい風が吹き、ほんのちょっぴりだけ、秋めいてきたかな?感も、なきにしもあらず。この夏は異常な暑さがつづくだけでなく各地が自然災害にも見舞われているので、農作物への影響が心配です。


でも、真夏になるまえから青果コーナーに並んでいた桃の供給は途絶えることもなさそうで(残念ながら、サイズは大きいのばかりでお値段は高め?)、無花果や梨も出回り、早生の蜜柑どころかなんと柿まで顔を見せています。


果物を目のまえにすると、どれも好物なのでどれがいいかいつも目移りしますが、季節が終わらないうちに、とりあえず桃を…。で、桃はそのままを丸かじり、というのがいちばんの贅沢。でも、愉しみを長持ちさせたいですね。


というわけで、ゼラチンで固めました。お砂糖で軽く煮た白桃に白ワインを加え、やや大人の味つけに。仕上げはいま満開の茉莉花です(あくまで香りづけ。ジャスミン茶に使われる花ですので毒ではないけれど、食べはしません)。

a0147281_16323097.jpg
a0147281_16322523.jpg

a0147281_16321760.jpg

a0147281_16322207.jpg

本日の冷菓 : fragrant white-peach + wine jelieswith arabian jasmine

      白桃と白ワインのジェリー、茉莉花の香りぞえ

     (桃の果肉が柔らかくなりすぎ、切り口が美しくないのがタマニキズ)





お隣の公園の花鳥風月ブログはこちらです。


あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
by serendipity_j | 2018-08-11 16:48 | クッキング sweet | Comments(0)
NAGASAKI DAY
a0147281_22430386.jpg


すべての人が望んでいるはずの核なき世界も世界平和も、
いまだに実現していないことが、かえって不思議な気がします。

核の恐ろしさと戦争の悲惨さをどの国よりも知り尽くしているはずの日本が、
核兵器禁止条約に参加していないことには、あきれるばかりです。

ごく単純な善悪の判断ができない人たちにもちあげられたお馬鹿な指導者が
世界のあちこちで、すっかり増えてしまって…

enough is enough!

a0147281_22425860.jpg


きょうは、政治家への怒りがあらためてこみあげる日でもあります。




にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
by serendipity_j | 2018-08-09 11:02 | miscellany | Comments(0)
HIROSHIMA DAY
a0147281_22073196.jpg

暑い、暑い、夏。
暑さがとりわけ厳しい葉月に、この日がまためぐってきました。
73年まえ、広島に原爆が落とされた日――。

容赦なくじりじりと照りつける太陽にひるみますが、
建物も生き物も一瞬にして黒く焦がしたあの日の広島を思えば、
比べものにならないはず。

a0147281_22072764.jpg

(たぶん平和呆けしている)わたしにとってきょうは、
愚かな指導者のせいで無意味な死を遂げなければならなかった者たちへの鎮魂と、
核戦争のみならず全世界から争いがなくなる願いを、新たにする日です。




にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
by serendipity_j | 2018-08-06 08:15 | miscellany | Comments(0)
| ページトップ |