Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(210)
(102)
(87)
(85)
(84)
(83)
(83)
(81)
(80)
(76)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
春野菜の食卓
at 2018-04-15 21:50
春花木
at 2018-04-11 23:05
文旦マーマレードと春ニンジン..
at 2018-04-05 23:07
桜を見ては貴方を想いだす…
at 2018-04-01 23:28
スモモの花影で、蜜に酔うエナガ
at 2018-03-28 22:18
記事ランキング
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

タグ:ジャパネスク ( 81 ) タグの人気記事
京都、東山の桜
a0147281_18202475.jpg

冬の寒さが戻り、雨の多かった一週間。それでもソメイヨシノは咲きはじめました。ようやく青空ののぞいた今日、仕事をかたづけ、散歩に出ようと思った矢先に、にわか雨――ではありません、みぞれが降ってきました。これでは「花冷え」どころか「花凍り」です。しばらく待って、ようすをみるうちに、今朝は珍しく早起きしたため(そのわけは)、どっと疲れが…。

もう、寄る年波にはかなわない(苦笑)。しかも、春に裏切られたような寒さです。公園の桜がどのくらい開いたか見にいくつもりでしたが、やむなく中止。幸い、わが家の窓から、ちらほら咲いている川(用水路?)沿いの桜並木が見下ろせます。京都の桜、見ごろはいつごろでしょう? はたして見にいけるでしょうか? とりあえず今年も、数年前の写真を眺めております。

京都の桜見物は、決まっていつも祇園から清水。石塀小路、二年坂、そして産寧坂へ。桜も、京都らしい風情が愉しめるのは、やっぱりこのあたり。
a0147281_18205822.jpg

a0147281_18213692.jpg

a0147281_18221241.jpg

骨董を売る店先を飾る一枝の桜。雅な京踊りのように舞う桜。それぞれ表情も異なり、それぞれの美しさが。いったい桜にはいくつ種類が?
a0147281_18223865.jpg

a0147281_1823116.jpg

子どものころから親しんできた円山公園の枝垂れ桜。じつはこの樹は二代目で、母の小学校時代の同級生が「桜守」です。 カラスから守らなくては。
a0147281_18234076.jpg

a0147281_1824126.jpg

a0147281_18242484.jpg

楽しい週末を!

p.s.
きてくださって、ありがとうございます。
クリック、クリックも、どうもありがとうございます!
you can make my day ;) thank you!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


[PR]
by serendipity_j | 2010-03-26 18:40 | 京都 | Comments(0)
お水取り
a0147281_1424710.jpg

お水取り終わらな、あったこうならへん――関西の人なら、きっと誰もが耳にしたことのあるこの台詞。期待外れの寒さにこらえなさい、と諭すのに、なんておっとりした言い回しなのでしょう。わたしは子どものころに京都を離れたので、京都弁が喋れませんが、母のその口癖を聞いて育ちました。お水取りと呼ばれる東大寺の修二会も、いよいよ佳境に。今夜が、もっとも有名なお松明です。
a0147281_14254569.jpg

奈良、好きです。平城京は平安京よりもスケールが雄大で。とりわけ二月堂の舞台からの眺望は、のどかで、清水寺とはまたちがった美しさがあります。二年前のお松明の日、報道カメラマンの三脚が林のように立ち並ぶ二月堂を、そんな重要な日とは知らずに娘と二人で訪れました。
a0147281_1426145.jpg

a0147281_14265762.jpg

せっかくの奈良ですから、久しぶりに大仏さまのお顔も拝見。何度きてもかならず、大仏殿に足を踏み入れた瞬間に、おそらく日本以外では、決して味わうことのできない感動を覚えます(バルセロナで、地下鉄の駅の階段をあがると、サグラダ・ファミリアが忽然と眼前に現れたときは例外)。
a0147281_14273860.jpg

a0147281_1428175.jpg

a0147281_14283925.jpg

夕方に近づくにつれ、駅からの大通りがさらに騒がしくなったころ、人の流れに逆流するようにして、奈良公園をあとにしました。せっかくお松明の日に二月堂までいって、肝心の儀式を見てこなかったなんて、まあ、もったいない? ごもっとも。でも、物見遊山の混雑が、どうも苦手で。
a0147281_1429675.jpg

a0147281_14292814.jpg

a0147281_14294786.jpg

それ以来奈良を訪れてないので、卯月の花祭りにでもいってみますか…。
春はもうすぐです。

p.s.
きてくださって、ありがとうございます。
クリック、クリックも、どうもありがとうございます!
you can make my day ;) thank you!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


[PR]
by serendipity_j | 2010-03-12 14:40 | デイアウト | Comments(0)
グリーンシティ 宇治
a0147281_20584720.jpg

水菜とお茶。といえば京都を連想しますが、今年も息子のお嫁さんのご実家から、御殿場名産の水菜のお漬けもの(お母さまお手製)とお茶が届きました。いつも息子の父親のほうにも送ってくださるので、崩壊家族出身の婿はなにかと手間がかかって、申しわけなく思います(苦笑)。でも、ありがたことに、お茶がちょうど切れたところ…。さっそく袋の封を切り、芳しいお茶の香りをかいでいると、昨年の今ごろ娘といった宇治を想いだしました。

宇治にきたのは何年ぶり? 歴史にうといので、宇治茶と平等院しか知りませんが、川の流れる町はとても静か。
a0147281_20591379.jpg

a0147281_20593841.jpg

a0147281_210267.jpg

まずは十円硬貨で有名な、世界遺産の平等院を見学。鳳凰堂を見ずに出てしまったのを、いまでも後悔しています。
a0147281_2102254.jpg

a0147281_2103889.jpg

a0147281_2105454.jpg

初めて訪れた宇治上神社。小さいけれど、なかなか厳かです。こちらも世界遺産でした。なんとここで、結婚式もできるそう。(狛犬は宇治神社)
a0147281_2111447.jpg

a0147281_212914.jpg

a0147281_2114160.jpg

この週末もまた、雨。仕事が片づくまで行楽モードにはなれないものの、宇治川の穏やかな流れに思いを馳せる土曜日でした。みなさんは、いかがお過ごしでしょうか?
a0147281_2122978.jpg

p.s.
きてくださって、ありがとうございます。
クリック、クリックも、どうもありがとうございます!
you can make my day ;) thank you!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


[PR]
by serendipity_j | 2010-03-06 21:10 | 京都 | Comments(0)
桃の節句
a0147281_8365463.jpg

先日、兄を見舞ってくれた梅さんにいただいた花桃です。残念ながら、咲かずに落ちてしまったか、枯れてしまった蕾がほとんど。でも、桃の節句にあわせて、なんとか開いた一輪の愛らしいこと! いっぽう、今週あたりは家に帰れるかも、と期待していた兄は、結局、いまだ退院できず…。

今年は〝弥生〟と聞いて心踊ることなく、娘から預かっているお雛さまも、ほんの数日まえにあわてて飾りました(京都式に女雛が右)。去年、なかなかしまわずいいたら、滞在中の娘に「お嫁にいけなくなるから、早くしまって」と催促されましたっけ…。明日、さっさとかたづけてしまいましょう。
a0147281_8371763.jpg

楽しい雛祭りを!

p.s.
きてくださって、ありがとうございます。
クリック、クリックも、どうもありがとうございます!
you can make my day ;) thank you!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


[PR]
by serendipity_j | 2010-03-03 08:44 | 花 indoor | Comments(0)
梅づくし その2
a0147281_126469.jpg

遠方より(兄の)友来る――。退院を間近にひかえていた兄の容体が急変し、兄の親友、「梅さん」に知らせると、飛んできてくれました。とはいうものの、「飛んで」かけつけたい気持ちとは裏腹に、北関東から関西へは、陸路を走るとかなりの距離です。すぐに誰かに逢いたいとき、物理的な距離は克服しようがありません。それでも、兄の病状に好転の兆しが見えてきたので、すこしでもよくなった状態で会いたいと願う兄にとり、いい時間稼ぎになったようです。
a0147281_1262695.jpg

兄を見舞うまえに、わたしと母を訪ねてくれた梅さんと一緒に、公園の梅苑を散歩しました。紅梅は、潤いのない花がついているか、花の落ちた枝もあり、すでに終わり。それでも、白梅が、いままさに花盛りとあって、梅苑はこの季節でいちばんの人出でした。そのあと梅さんと兄は、病院で再会。帰路につくまえの梅さんから「今日明日のイメージ雲散霧消払拭」のメールが…。梅さん、ありがとう。春の息吹をあちらこちらに見るころには、兄も退院できるでしょう。
a0147281_1264649.jpg

a0147281_127812.jpg

a0147281_127279.jpg

p.s.
梅さんと公園を歩きながら、春らしい小鳥のさえずりを聞きました。聞き分けられるようになるには、勉強も修行も必要のよう。日本の野鳥のさえずりを聞く、こんなサイトがあればなあ、と思うことしきり。
p.p.s.
きてくださって、ありがとうございます。
クリック、クリックも、どうもありがとうございます!
you can make my day ;) thank you!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


[PR]
by serendipity_j | 2010-02-22 12:12 | 花 park | Comments(2)
京都のお正月風景
a0147281_1129326.jpg

四日が月曜日の今年は、今日が仕事始め、という方も少なくないようです。なんだか、寂しい。お正月気分が、短かすぎやしませんか…。不景気な世の中だからこそ、早く仕事に戻ってがんばる? それとも、不景気なときにはあせらずゆっくり長く休む? どちらも理にかなっているような気がしますが、なかなかそれを自分で決められないのが世の常です。
a0147281_1130156.jpg

a0147281_1130399.jpg

a0147281_11311268.jpg

どちらにせよ、生真面目なこの国の、浮かれ気分はせいぜい三が日まで? でもまあ、お正月は、やっぱり日本ですごすのがいちばんですね。とりわけこの時期、日本の美しさを感じる都市といえば、わたしの場合、やっぱり京都。京都の町並みの、あの「凛とした佇まい」――。と、常套句を使ってしまいそうですが、的確な表現はほかに思い浮かびません。
a0147281_11313514.jpg

a0147281_11322560.jpg

a0147281_11372789.jpg

幸い、いまは家で仕事をしているわたしは、どれだけお休みするか自分で決められます。でも、先月スタートした新しい本のプロジェクトの年末の遅れをとり戻すべく、元日から仕事再開。というわけで、京都へお正月風景を見にゆくことが叶わず、昨年の写真でがまんです。年が新しくなっても、この町のきりりとひきしまったお正月の顔は、おそらく今年も変わらないでしょう。
a0147281_11331461.jpg

a0147281_11335552.jpg

a0147281_11341619.jpg

松の内まで、オフィシャルにはお正月。気分だけでも愉しみましょう!

p.s.
クリックひとつ、ふたつ、みっつで今日のハピネスが100, 200, 300倍に!!
you can make my day ;) thank you!

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



[PR]
by serendipity_j | 2010-01-04 11:40 | 京都 | Comments(2)
欲張り〝おひとりさま〟お節
a0147281_18493952.jpg

日本のお正月に、欠かせないのがお節料理。よそのお宅のお節事情に、好奇心がわきます。でも、わたしは作らず、母もお煮しめ以外は作らず、毎年できあいのお節ですませます。たった二人分なのに、あれだけの食材を揃えることを考えると、むしろ経済的かもしれません。そして、熟年の方々に人気があるのが、お重に入った、あとは食べるだけのお節。じつは母の憧れです(笑)。
a0147281_1850583.jpg

いくら「豪華な重箱入り」とうたってはいっても、趣のない発砲スチロールの容器です。年に一度の出番を待っているお重が、うちにはあるのに…。断固反対! というわけで、いった者の責任として、わたしは毎年、大晦日に公園へいって「緑」狩りをし、「ゆく年くる年」を観ながら、お重に詰めていきます。かくして昨日も、できあいのお節を母といただきました。
a0147281_18503079.jpg

a0147281_18505286.jpg

二日の今日。三段のお重に残ったものをひとつにまとめて持ち帰ったお節を、今度は一人用に盛りつけました。元日のお雑煮は西京味噌の京風をいただくので、二日目はお澄ましに。この、ひとりですごす二日の、かなり欲張りなビッグランチが、また、お正月の愉しみのひとつになりつつあります。いつもの数倍食べてお腹いっぱいになったあとは、運動、運動!
a0147281_18511219.jpg

公園を歩くまえに、まずは家からいちばん近いお寺へゆき、お参りを。ここは真言宗のお寺ながら、鐘だけでなく鈴もあり、よく見ると明神さまもあって、このみごとな神仏習合に、子どものころはお寺と神社の区別がつかなかったのもとうぜん、と納得。ところでどなたか、「梅は咲いたか~?」とおたずねなら、もう咲きました。公園の梅は、今年も早い見ごろになりそうです。
a0147281_18513879.jpg

a0147281_18515985.jpg

a0147281_18522279.jpg

わたしのように、ああ、ニューヨークでお正月を迎えたかったなあ、という方はいらっしゃいませんか? もしいらしたら、ニューヨーク・タイムズ紙の名物カメラマン、ビルおじさんのナビで、せめて新春のニューヨーカー気分を味わってください!

p.s.
クリックひとつ、ふたつ、みっつで、今年もハピネスが100, 200, 300倍に!!
you can make my day ;) thank you!

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



[PR]
by serendipity_j | 2010-01-02 18:55 | foodie | Comments(2)
新年
a0147281_12451995.jpg

あけまして、おめでとうございます。

大晦日から母の家ですごし、今朝はお雑煮とお節をいただきました。母とお正月をお祝いするのも、これで五度目。お昼前、公園を抜けて自宅に帰ってきましたが、公園にはすでに、初歩き、初ジョギングをする人たちの姿が…。池のそばの水溜りに薄い氷がはっていたので、かなり気温の下がった寒い朝だったのでしょう。そのせいか、身もひきしまり、清々しい気持ちのお元日です。

こうしてまた、新しい年を迎えられたことを感謝し、みなさまのご多幸をお祈りいたします。一年の計は元旦にあり。襟を正すまえに、まずはこれからお風呂に入って着替えを…。

素晴らしいお正月をおすごしください!

p.s.
なんとなくお正月に見るとよけい美しいオーロラの写真ギャラリーはこちら
p.p.s.
旧年中、応援していただいたおかげで、ハピネスが100, 200, 300倍でした! ありがとうございました。そして、2010年もどうぞよろしく。
you can make my day ;) thank you!

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



[PR]
by serendipity_j | 2010-01-01 12:50 | miscellany | Comments(2)
師走の京都 その2 (錦から八坂神社へ)
a0147281_1618146.jpg

クリスマスが終わるやいなや、全国一斉に年末モード。先日の〝娘と歩く京都〟後編の最初の訪問先が、年末にふさわしい日本の風景、でした。「京都の台所」と呼ばれるこの市場、買い物客よりも冷やかし(観光)客のほうが多いとはいえ、食文化も京の財産のひとつ。京都ならではの食材が並んでいます。
a0147281_16182745.jpg

a0147281_16185331.jpg

右に左にと目を向けると、お節に欠かすことのできない黒豆や京野菜が…。娘には、かぶらに目がない父親へのお土産に千枚漬けをもたせることにし、自分たちの夕飯のおかずには、生湯葉は大好きだけど生麩を食べた記憶がない、という娘のために生湯葉ではなく生麩を買いました。
a0147281_1619334.jpg

a0147281_16195941.jpg

錦小路を往復したあと、新京極の天神さんを素通りしては帰れません。錦へくるとかならず、奥のちょうちんに吸い寄せられるようにして鳥居をくぐってお参りします。そしてふたたび四条通りへ。人の流れに呑みこまれるようにして祇園に出ました。
a0147281_1620275.jpg

a0147281_1620556.jpg

南座のまえはすごい人だかり。顔見世興行の夜の部が、ちょうどはじまる時間だったのでしょう。ここまでくれば、こうごうしい、というよりは朱と金のきらびやかな八坂神社がまっすぐ目に入り、さらに足を延ばすことになります。
a0147281_16213087.jpg

a0147281_16215559.jpg

知恩院、円山公園、八坂神社と、このあたりだけは子どものころからよく歩いていたので、わたしにとって懐かしさを覚える界隈です。階段をあがって道なりに進み、ガランガランと鈴を鳴らしてお参りの真似事。初詣の人出、想像しただけでひるみます。
a0147281_1622185.jpg

a0147281_16224353.jpg

a0147281_1623225.jpg

終点は甘味処でした。抹茶パフェが、娘と二人の祇園散策の定番です。今回はちょっと気分を変えて、都路理ではなく、小石のシフォンパフェ。ただし、師走の京都では寒さに震えながら…。
a0147281_16234335.jpg

その娘は先週の日曜日に東京に戻り、昨夜から息子夫婦が滞在中。ブログの更新もままなりませんが、久しぶりに賑やかな年末です。二人もこの火曜日には東京へ帰るので、あすは京都へお墓参りの予定。この年の瀬を、みなさまはいかがおすごしでしょうか?

p.s.
クリックひとつ、ふたつ、みっつで今日のハピネスが100, 200, 300倍に!!
you can make my day ;) thank you!

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



[PR]
by serendipity_j | 2009-12-27 16:30 | 京都 | Comments(0)
師走の京都 その1(龍安寺から四条河原町へ)
a0147281_11413879.jpg

娘がくると、かならず二人で京都へ出ます。金曜日、空気がぴりっと冷たく、ひどく寒い日でしたが、龍安寺へいきました。着いてみると、屋根の葺き替えで本堂が工事中とわかり、少々落胆。足場が組まれ、石庭と方丈の完璧な調和を乱されたような気がしないでもありません。
a0147281_1141588.jpg

それでも、枯山水の発する緊張感は健在でした。娘もわたしも、それぞれ子どもだったころに龍安寺を訪れているのですが、石の庭が美しいとは思えなかったはずで、大人になったことが嬉しくなります。ただ、こちらの枯山水は大徳寺や東福寺のものとくらべて地味、というのが正直な感想。
a0147281_11422249.jpg

a0147281_11424551.jpg

a0147281_11454611.jpg

a0147281_11461891.jpg

a0147281_11465085.jpg

だからこそ土塀の微妙な色合いがきわだち、瞑想(単なる鑑賞でも)の深さもますのでしょう。龍の襖絵(昭和になって描かれたもの)にも、吾唯足知と彫られたつくばい(というのだそうで、これはレプリカ)にも「心」があり、また、「形」としての、無駄をそぎ落とした禅のミニマリズムに圧倒されました。
a0147281_1147135.jpg

a0147281_11473759.jpg

朝から冬らしい青空が広がった日の、穏やかな時間を禅寺ですごし、ぺこぺこのお腹で四条河原町に戻ったときはすでに二時すぎ。まっすぐ、志る幸ののれんをくぐりました。娘のおごりで、利休弁当をいただき、評判どおりのお味噌汁の美味しさに感激です。
a0147281_11484734.jpg

a0147281_11493327.jpg

四条通りに出ると、八坂神社の向こうに、半分だけ陽のあたった山が迫って見えました。転勤族だった父のせいで根無し草育ちですが、三条神宮道で生まれたわたしは、東の山々を見上げるたび、ああ、帰ってきた、そんな気がします。底冷えのする師走の京都。おつな一日でした。
a0147281_11501367.jpg


P.S.
クリックひとつ、ふたつ、みっつで今日のハピネスが100, 200, 300倍に!!
you can make my day! thank you ; )

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



[PR]
by serendipity_j | 2009-12-20 12:00 | 京都 | Comments(0)
| ページトップ |