Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(214)
(103)
(92)
(91)
(87)
(85)
(84)
(83)
(81)
(80)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
(旬が短い)アプリコット、ゴ..
at 2018-08-19 17:02
ワルナスビはワルクナイ?
at 2018-08-15 16:59
白桃と茉莉花
at 2018-08-11 16:48
NAGASAKI DAY
at 2018-08-09 11:02
HIROSHIMA DAY
at 2018-08-06 08:15
記事ランキング
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

タグ:柑橘類 ( 9 ) タグの人気記事
甘夏オランジェット

a0147281_21133789.jpg
甘夏の旬も、そろそろ終わり? 甘い柑橘類ばかり食べていると、酸っぱい夏ミカンの味がやけに恋しくなるものです。赤道の北や南の産地から運ばれる輸入品のオレンジは一年中出回っているけれど、甘夏が食べられるのは夏のまえまで。市場から姿を消すまえに、ことしもマーマレードをつくりました。そのついでに、少しだけ厚切りにした皮を「オランジェット」に。

a0147281_21133441.jpg
a0147281_21133100.jpg
法事に出席するために娘がきたとき、ちょっとご馳走をつくった最初の晩の食事のあとの、軽いデザートにしようと思ったからです。子どもたちがやってくるときは、滞在中のメニューを考えておきます。毎日だったらやってらんないものの、一緒に食卓を囲む機会は一年のうち数えるほどしかないので、ハリキリます(子どもたちが夫婦でやってくるときはなおさら)。

a0147281_21132882.jpg
a0147281_21132539.jpg
できあいは買わずたいてい手づくりですが、つくれば安あがりという経済的理由にくわえ、たぶん、自分でつくるのが根っから好き、なのかも。家族(や友人)に食べてもらえるのがうれしいのです。でも、ふだんの食事に時間と気持ちの余裕ができたのはほんの最近…。亡母を看ていたとき、毎度毎度の料理に時間も愛情も惜しんでいたことに、いまは後悔の毎日です。

a0147281_21132193.jpg
a0147281_21131266.jpg


本日のプリザーヴ

amanatsu-orangettesaux chocolate noir park diary  ダークチョコレートの甘夏オランジェット




ちょっとお知らせ:

お隣の公園は、わたしの生活になくてはならないものですが、母亡きあと、独り暮らしの自分にとって、公園を歩いて草花を愛でたり野鳥の歌を聞くことが、以前にもまして大切なルーティンになっていることに気づきました。公園についての話題がますます増えそうですので、思い切って新しいブログをはじめました。公園の四季折々を日誌のようにつづる park diaryよろしかったらお訪ねください。



よい週を!



あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
by serendipity_j | 2018-06-04 21:50 | クッキング preserve | Comments(0)
老松の夏柑糖
a0147281_2263684.jpg

兄の七回忌の法要があり、久々に京都で親類が集まりました。それに出席できなかった母のハトコが、先日母を訪ねてくれたときの手土産がこれ。
a0147281_227677.jpg

たまに登場するハトコのお兄さんで、兄とわたしが生まれた東山三条にある、いわゆる町屋に住んでいます。亡き兄にとっては兄貴的存在でした。
a0147281_2273531.jpg

いつも京都の美味しいものを(奥さんが持たせて)お土産にくださるので、わたしはつい期待してしまうのですけど、この「夏柑糖」には、大感激。
a0147281_2275640.jpg

なにしろ京都の老舗のお菓子には、こだわりと、美意識と、技術があるでしょう? でも、かなり高級品なので、自分用にはなかなか買わないし…。
a0147281_2285061.jpg

というわけで、いただいてすごく嬉しい、けれど食べてしまうのがもったいないほど美しい、「山人艸果」というネーミングも素敵な老松の夏柑糖。
a0147281_2291229.jpg

わたしは切らずにスプーンを入れて、豪快に、贅沢に、いただきました。一度に食べられない母は小分けにして…。切った断面がとてもきれいです。
a0147281_2293864.jpg

それにしても見事な夏ミカンの皮。捨てるのが惜しく、マーマレードをつくりました。レモン果汁を加え、あとは空になった夏柑糖の皮とお砂糖だけ。
a0147281_2210532.jpg

昨日の法要に、そのハトコの奥さんのためにひと壜持参。美味しいものをいただいてお返しがこれでは、ほんとうにつまらないものですが、だわね~。
a0147281_22102352.jpg

ご近所にも夏ミカンがたわわに実るお宅が数軒あります。レモンと違って、わりとありふれた光景です。その夏ミカンのゆくえ、妙に気になってます(笑)。
a0147281_22104139.jpg



大きな被害をもたらし、そして現在も続く熊本と大分の地震。ニュースを聞くたびに、辛くなります。せめて、早く揺れが止まってほしい…。大地震が、いつどこで起こってもおかしくない国に住んでいるのです。つくづく、日本に原発は無理、と思いました。


あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-04-17 22:21 | foodie | Comments(0)
金柑と広島レモンの、カルダモン風味マーマレード
a0147281_1101821.jpg

最近は広島産のレモンが簡単に手に入るようになり、カードばかりつくっていますが、年に一度のマーマレードづくりも、このレモンを使いました。

ただ、今年のマーマレードは金柑がメイン。金柑は、その姿の可愛らしさゆえに、つい目的もなく買わずにはおれない、代表的な冬の柑橘類のひとつ。
a0147281_1104359.jpg

欲張りに(量を増やすため?)金柑に広島のレモンを加え、さらに、いい香りのするマーマレードに仕上げるために、今回はカルダモンも加えました。
a0147281_111346.jpg

ペクチンが豊富な種と、一緒に煮るのがこつ。人工的なペクチンを加えなくても、色も透明度も、琥珀のごとく美しいマーマレードができあがります。
a0147281_1112225.jpg

コーンシロップに着色した偽物とは、味も香りも雲泥の差。が、カルダモンの香はほとんどしません。でも、ほのかに、という程度が、上品で好いの。
a0147281_1121787.jpg

自画自賛で申しわけありません、いやこれ、久々に大成功。なかなかの絶品なのです。そしてこれに合うのは、やっぱり、ライ麦を使った黒パンかな…。
a0147281_112361.jpg

どんな飲み物を合わせようかと迷って、柑橘類のピールが入った紅茶、「empress grey」を淹れました。う~ん、香りと味がかなり強め(けど美味しい)。
a0147281_1125752.jpg

パンにつけて、食べて、それで終わり、では少々もったいないような気もしますので、このマーマレードを使ったお菓子を、ただいまいろいろ思案中。

本日のプリザーヴ : cardamom scented kumquat-lemon marmalade

p.s.
現在、フィギュアスケート世界選手権マイアミオープンのlive score をチェックしながら、作業をしております。いよいよ宇野選手登場(わたしは、羽生選手でなく、高橋選手を彷彿とさせるスケーティングの、宇野選手がごひいき)し、現在2位!!一方、マイアミで準々決勝を戦う2人の男たちは、やっぱり、ジョコヴィッチ選手が第1セットをとったところ。ああ、なんて忙しい木曜日でしょうか(笑)。


あぶそる~とロンドンもよろしく!
昨夜、アップした記事は、あのエジプト航空ハイジャック犯に2ショットを頼んだ、英国人の人質の話題です。世界中で蔓延する、ネットで注目されたい病も、ここまで重症とはね…。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-03-31 11:17 | クッキング preserve | Comments(0)
イースター色のレモンバーと昭和レトロなティーカップ
a0147281_1364318.jpg

キリスト教徒じゃないし、イースターなんて関係ないし、といいながら毎年気にしているのがイースター(復活祭)。今日はgood friday(聖金曜日)です。

復活祭には卵とウサギがつきもの。でも、復活祭はレモン色、というイメージがわたしにはインプットされているので、今日はレモンバーをアップしましょう…。
a0147281_137339.jpg

ただし主役は、広島産のレモンでつくったレモンカードを混ぜこんだレモンバーではなく、昭和レトロな、ヴィンテージものの鳴海製のティーカップのほう。
a0147281_137819.jpg

5客あったカップもすでに2客になってしまいましたが、物心ついたころから使っていたので、ほんとうに懐かしく、先日、母のところからもらってきました。
a0147281_1384611.jpg

このカップで飲んだ紅茶の色も香も、いまでもよく覚えています。幼いころは、それにたっぷりお砂糖を入れて、トーストを浸して食べるのが好物でした。
a0147281_1393066.jpg

もうひとつ覚えているのが、小ぶりで縦長のコーヒー用、ノリタケのカップとソーサー。コーヒーを飲めなかったわたしが使っていたのは、もっぱら鳴海のほう。
a0147281_1395897.jpg

昔は、お誕生日会などでお友だちのお宅にお呼ばれすると、どの家でも、同じような小花のついた、ノリタケか鳴海製のティーカップが出てきたものです。
a0147281_13102679.jpg

じつは大人になってから、昭和レトロなノリタケのティーセット(ポットも!)を骨董屋で買ったんですが、その後手放してしまいました。後悔してます。

歩いていると、あちらこちらでのぞく白や薄紅色の塊に、思わず目がゆきます。大島桜も山桜も染井吉野も咲き始めました。(花冷えながら)よい週末を!

本日のティータイム : hiroshima-lemon bars with straight black tea


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-03-25 13:43 | クッキング sweet | Comments(0)
柚子と卵黄だけでつくるカード
a0147281_1623888.jpg

お正月のお料理用に買った柚子が使い切れずに残っていて、2か月前にいただいた柚子も丸ごと冷蔵庫に眠っていたので、柚子カードをつくりました。
a0147281_16232993.jpg

せっかくですから、少し贅沢なカードにしましょうと思い、卵は白身を使わず黄身のみに。するとやっぱり、黄色がひときわ鮮やかなしあがりです。
a0147281_16234545.jpg

残った柚子は果汁を絞り、いただきものの柚子の皮をおろしました。どこかのお宅でなっていた柚子のおすそわけだったので、まさにオーガニック。
a0147281_1624449.jpg

日曜日、さっそくカンパーニュに塗って食べました。でも、期待したほど柚子の味や香りがしないんです。正直、レモンカードとあまり差はなく…。
a0147281_16242196.jpg

ただ、部屋には柚子の香りが長いあいだ残っていましたから、もうけた気分。レシピサイトを見ると、海外でも柚子カードづくりはポピュラーです。
a0147281_16243925.jpg

少々珍しいモノが好きなのはわたしも同様で、マイヤーレモンでつくろうと外出するたびにあちこち探していたのですが、輸入も国産もなし。残念。

本日のプリザーヴ : egg yolk yuzu curd

今朝、仕事の締め切りを終えたので、早くも週末気分です。ちょっと気が早すぎますけど、冬らしい、よい週末を!


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-01-14 16:39 | クッキング preserve | Comments(0)
こちらもお陽さま色、納涼ハーゲンダッツ
a0147281_16332042.jpg

セミ時雨もだいぶ勢いが衰えたものの日中は蒸し暑く、まだまだ30℃を超える真夏日。でも、朝晩がめっきり涼しくなり、ほっとしています。
a0147281_16333971.jpg

ハーゲンダッツがダウンサイジング(つまり値上げ)してから食べてなかった…と、夏のお愉しみに慌てて選んだのは、マンゴー&オレンジ味
a0147281_1634195.jpg

ジュースにありそうな組み合わせとはいえ、味がちょっと想像しにくく、この「期間限定」のチョイスに、大正解か、はたまた大失敗の予感も。
a0147281_16342150.jpg

あまりにも小さくなり、ディッシャーでスクープするまでもありません。そのまま器へ入れて、マンゴー(缶詰めですが)とオレンジでかさあげを。
a0147281_163438100.jpg

マンゴーとオレンジは、どちらもお陽さま色です。が、黄色いほうがマンゴーのソルベ。ということは、白いほうはオレンジのアイスクリーム?
a0147281_16345779.jpg

日本だけのフレーヴァーのようですね。春に発売されたらしく、売れ残りの可能性あり(笑)。お味? 可もなく不可もなく、といったところでした。


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-08-23 16:40 | foodie | Comments(0)
週末の酢橘マティーニ & カクテルetc
a0147281_2391826.jpg

デパートでもスーパーでも、野菜売り場では酢橘が目立ちます。サンマ? 高嶺(値)の花のマッタケ? わたしはそのどちらでもなく、酢橘をカクテルに使いました。
a0147281_2392510.jpg

ライムを使ったマティーニがあるなら、酢橘を利かせたマティーニがあってもいいのではないか、と…。というわけで試してみたのが、酢橘のマティーニ。いけました。

いっぽう、ジンをベースにしたマティーニが好きなので、ピンク色のマティーニを作りたいと思い、昨年から柘榴をジンで漬けこんでみたところ、できたのがこれです。
a0147281_2393459.jpg

あいにく、どちらかというと赤い火星のような色。赤いカクテルといえば、酷暑のつづいたこの夏、ブラッディメアリーにはまっていました。ランチに飲むカクテルです。
a0147281_2395269.jpg

うちにはウスターソスもタバスコもないので、あっさりめのブラッディメアリーに…。これを作るために、バイソングラスの香りがするウォッカ、ズブロッカを初めて買いました。

が、これ、ブラッディメアリーにはあわなかったのかもしれません。ポーランドでは、ズブロッカをりんごジュースとクラブソーダで割り、「タナンカ」にして飲むのだそうです。
a0147281_2310154.jpg

タナンカとはアメリカ先住民族の言葉で「野牛」。挑戦したものの、りんごジュースは濁ったほうでなければいけなかったよう。永遠に初心者のカクテル作りなので、お見逃しを。

本日のカクテル4種 : sudachi martini on the rocks/ pomegranate-gin martini/ lightly-bloody mary/ clear tananka

訂正
タナンカはソーダ水では割らないのに、とんだ勘違い。作ったものにもソーダ水は入ってません。たいへん失礼いたしました。


長~い post script

今週は、スポーツの国際試合がいろいろと行われた週でした。ふだんは関心ないスポーツも、国際戦となると、かならずチェック。日本のチームが負けてしまうと、どうも元気がでません。負けつづきだったサムライブルーは、親善試合でようやく勝ってくれました。開催中の us open では、期待の錦織選手がすぐに敗退してしまったものの(涙)、車いすテニスの国枝選手は決勝進出。野球の u18 world cup の米国との決勝も明日です。あ、そして、オリンピック開催か否かがわかるのも、いよいよですね。その、ioc 総会のオープニングセレモニーが行われたブエノスアイレスのオペラハウス「テアトロ・コロン」まえでは、反英運動のデモ(by フォークランド戦争を忘れない人たち!)が行われたようですが、その劇場へは演奏会を聴きに行ったりし(観たかったオペラは売り切れ)、近所に住んでいたわたしは、ただただ懐かしく…。

あ、わたしは決してクラシック音楽通ではないのですが、ミーハー的にコンサートやオペラが好きです。今週の nhk ラジオの朝の番組はホロヴィッツ特集でした。いつもと同じように、何気なく聴いていて、ラフマニノフのピアノ協奏曲3番がかかったとき、身体が静止し、聴き入ってしまいました。これは、わたしがもっている『 shine 』(精神病を克服しながら演奏し続けた、オーストラリア人ピアニストを描いた映画)のサントラ盤 cd でよく聴いているので馴染みのある曲。ところが、ラフマニノフ自身がシャッポを脱いだというホロヴィッツの演奏が、モノラル録音なのに、や、凄い! 演奏家によってこうも違うものなのか、と感動。ホント、音楽って、文学や美術よりストレートに魂に響きます。

こんなに楽しいことをあれこれ考えていてもどこか不安を感じるのは、福島第一原発の汚染水漏れのせい。東電も政府も、あまりに頼んないぞ!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-09-07 23:34 | クッキング sweet | Comments(0)
キャンディード&シュガード金柑
a0147281_2252494.jpg

今週末は、またもや寒さの底になりそうです。遠くのお山の頂には白いものが見えます。それでも今日は、冬の陽が眩しいほどの光を放っていました。

そんな、お陽さま色の丸い実をたわわつけた夏蜜柑の木を、最近、あちらこちらのお庭でお見かけします。緑の葉と黄色い実のコントラストが、きれいです。
a0147281_2254677.jpg

お陽さまみたいな柑橘類のうちでいちばん小さな種類、金柑を買いました。子どものころ食べて苦かった、という記憶からずっと敬遠していた果実です。

予想に反し、けっこう甘いのでびっくり。でも、そのままで食べるのは数粒だけにして、あとはお砂糖で煮て「キャンディード金柑」を作りました。
a0147281_226730.jpg

砂糖煮か砂糖漬けというより、もっとキャンディーに近い感じです。輪切りにしても可愛いけれど、まあるく作れるのは小さな金柑ならでは。で、丸ごと!

種が3つ入っています。とるのを忘れたわけではありません。なるべく丸い仕上がりにしたかったのと、「種も食べられる」とレシピにあったからです。
a0147281_2262669.jpg

ところがあいにく、金柑は茹でるとどれも風船のようにパンクし、少々いびつな丸にはなってしまいました。が、この明るい琥珀色の仕上がりには満足。

キャンディード金柑は、チョコレートやチーズと合せるといいようですし、ケーキの飾りにも。もちろんこれだけで食べても、ちょっとしたデザートになります。
a0147281_2265753.jpg

皮も果肉も透明で、クリスタル状になった金柑。さらにお砂糖をまぶしたら、上品な和菓子みたいになりました。しかも、さまざまな効能があるんですよ!

エキゾティックなフルーツとして海外でも人気の金柑は、19世紀、英国人のrobert fortune が初めて欧州にもち帰り、学名fortunella がつけられたそうです。
a0147281_2271535.jpg


p.s.
アルジェリア人質事件、発生から固唾を呑んで見守ってきましたが(guardian紙電子版ではlive で情報を入手できました)、ほんとうに残念で、辛い事件でした。死は、思いがけないときに、病気、事故、災害などで、親しい人を容赦なくあの世へ連れていってしまいます。けれど、この世でありえないほどの恐怖のなかで亡くなられた方々を思うと、いいようのない怒りがこみあげてきます。こんな方法でのジハードで、理想のイスラーム世界が築けるわけがないとわかるのは、とても簡単なことなのに…。洗脳された者が罪のない命を奪い、みずからも死んでゆくだけ。いつまでつづくのでしょう? 


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
↓click! 本日のトピックは、「ブラックスワン: リージェントパークの悲劇」です。

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-01-25 22:25 | クッキング preserve | Comments(2)
ウィンターウォーマー ズ
a0147281_184415.jpg

そろそろ梅の季節。お隣の公園の梅はお正月から咲いていた年もあり、梅チェックをしながら歩いています。今日、しっかり開いた紅梅を見つけました。

それでも、大寒をすぎたばかりのいまが、もっとも寒いとき。体を芯から温めるには、温かい飲みものがいちばんですので、生姜の葛湯をよく飲みます。
a0147281_1842483.jpg

インスタントのものでも、結構いけます。でも、生姜にレモン果汁を加えた自家製シロップを作って葛湯にすれば、添加物なしでさらに健康的。
a0147281_1844587.jpg

あ、葛湯というのは名ばかりで、ちゃんとした葛粉ではなく、コーンスターチでとろみをつけました。市販品も、ジャガイモの澱粉のようですし…。
a0147281_185070.jpg

そして、この冬も作った柚子マーマレードを柚子茶に利用。よく蜂蜜入りの柚子茶がを売っていますが、蜂蜜と柚子の香りが両方するのかしら?
a0147281_1852186.jpg

いまではすっかりポピュラーになった柚子茶。この香りなしに冬は越せません(笑)、日本人も韓国人も、昔からこの香りを共有してきたんですね。
a0147281_1854398.jpg

温かい飲みもので温まって、今週も元気に!


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
↓click! 英国の新聞に掲載された「ダイエット」の記事をまとめてっました。

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-01-21 18:15 | クッキング preserve | Comments(2)
| ページトップ |