Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(218)
(104)
(92)
(91)
(91)
(89)
(89)
(87)
(86)
(84)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
冬の桂離宮 (Part 1)
at 2019-01-14 23:25
バースデイモーニング・ティー
at 2019-01-11 20:32
ふたつのダイアリー
at 2019-01-06 20:14
ホームアローンお正月、の愉しみ方
at 2019-01-03 20:48
happy new year!
at 2019-01-01 00:28
記事ランキング
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

タグ:歳時記 ( 54 ) タグの人気記事
happy new year!

a0147281_00034062.jpg

新年、明けましておめでとうございます。数字がどんどん増えてゆきますが、気持ちは新たに…。けれど、マイペースでまいります(苦笑)。


デスクトップから消えたデータは、クラウドストレージからとり戻し(?)、なんとか、自分のパソコンにリストアすることができました。便利なツールに、ゼンゼンついていけてないわたし…。でもね、見えないところでどんなことが起こっているかわからないインターネットのテクノロジーに、依存しすぎる生活をしたくないんです(個人データが承諾なく使用されていたり)。こうやって、ガラパゴス諸島のバアサンになってゆくのかも…? というわけで、なんとかふつうに大晦日をすごし、母亡きいまは年越しそばをひとりで食べて、ネットでニュースを追って(シドニーの大晦日の花火、今回もじゅうぶんに派手です)、民主主義の世界的な後退にあらためて暗澹たる気持ちになり、それでも新しい年を迎えられたことに希望を見出し、静かな年越しをしました。


みなさまにとって、2019年が素晴らしい年になりますように!

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。



お隣の公園の花鳥風月をつづったブログはこちら


あぶそる~とロンドンもよろしく


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
by serendipity_j | 2019-01-01 00:28 | miscellany | Comments(0)
ホームメイドなクリスマス

a0147281_17172348.jpg

振替休日の月曜日が、ピークに達した(はずの)クリスマス。ともすれば、翌日の「正規」の(笑)クリスマスには、クリスマスツリーが門松と入れ替わってたりします。幸か不幸か、世の中の動きとあんまり関係なく暮らしてるわたしはホームアローンで、ホームメイドなクリスマスを愉しみました。

a0147281_17171887.jpg
a0147281_17171438.jpg

ホームメイド、つまりは、なんでも自分でつくれば安あがり、という地味な愉しみ方なのですが、気分を盛りあげるには、お天気も重要な要素です。幸い青空が広がり、公園を散歩しながら雑草をあれこれ摘んで帰宅。それに、わが家のゼラニウムの葉などと合わせて、クロスをかけたテーブルに飾ります。

a0147281_17170903.jpg
a0147281_17170434.jpg

散歩のまえに作ったのはイワシのパテ。とびきり新鮮なのを見つけたとき、考えもなく買って冷凍室に直行していたイワシを、焼いて、身をとって、すりつぶして…(基本レシピはこれ)。ザクロのピュレと一緒に食べます。この日のために冷蔵庫で眠らせておいた「秋映え」も起こしてコールスローに。

a0147281_17170039.jpg
a0147281_17165648.jpg

たとえ高級品でなくとも、あると一応ご馳走っぽくなるのが発泡ワイン? 壜の形が気に入って買ったチリ産のハーフ。ベイビーキャロットのグラッセは、仕あがりの色が悪くてがっかりでした。そして、3袋のうちの最後となった冷凍ムール貝は、今回はリゾットで。…と、これがわたしのクリスマス。

a0147281_17165166.jpg
a0147281_17164742.jpg

例年どおり、まだ明るい4時半ごろからはじめて、クリスマスだけに聴く音楽をかけて、デザートを食べて(写真は真っ黒)、エスプレッソを飲みほして「ぼっちパーティ」をお開き(?)にしたときは、とっぷりと暮れていました。台所の流しを見るとお鍋や食器の山…思わず、現実にひき戻されます(笑)。

a0147281_17164238.jpg

みなさんは、クリスマスをどうすごされましたか? 忙しい年末モードに入ってしまっていては、すでに今年のクリスマスを思い出すどころじゃない、かも…?



お隣の公園の花鳥風月をつづったブログはこちら


あぶそる~とロンドンもよろしく


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
by serendipity_j | 2018-12-27 17:23 | クッキング savoury | Comments(0)
so this is christmas...2018

a0147281_09504370.jpg

朝から晴れ渡った、気持ちのいい christmas day です。連休最後の昨夜のイヴで、クリスマスムードはすっきり霧散してしまったニッポンですが、そう、きょうが、クリスマス。昨年はニューヨークへ旅行していたので、あったようななかったようなクリスマスでしたが、今年は恒例の「ぼっちクリスマス」が復活。散歩のあとは、この日にだけ聴くクリスマス曲をかけながら、ひとりで料理して、ひとりで飲んで、食べて、ひとりで愉しみますわ~(笑)。

(今年のわが家の飾りつけは、hygge テイストをちょいと加味

a0147281_09504986.jpg

another year over... WAR is over... IF you WANT it

John & yoko 版はこちら

* 涙なしには観られないwar zones 版はこちら


have yourself a merry little christmas

どうぞ、(パーティは終わってしまっていても?)素敵なクリスマスを!



お隣の公園の花鳥風月をつづったブログ

あぶそる~とロンドンもよろしく


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
by serendipity_j | 2018-12-25 10:12 | miscellany | Comments(2)
happy halloween 2018
a0147281_23414600.jpg


そう、きょうは(羽目を外した人たちが世間を騒がす)ハロウィーンです。(とうぜん)わたしは仮装をすることもなく、ごくふつうにすごしますが、この時期は国産のカボチャが美味しいので、カボチャに感謝。


a0147281_23414101.jpg

ま、なんだかんだいっても、新しい月になれば今年ももう2か月しかありません。神無月最後の日を、陽気にすごしましょう。happy halloween!



お隣の公園の花鳥風月をつづったブログはこちら


あぶそる~とロンドンもよろしく


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
by serendipity_j | 2018-10-31 00:11 | miscellany | Comments(0)
懺悔の火曜日:ダッチベイビーパンケーキ

a0147281_10311858.jpg

ょうはパンケーキの日。復活祭の日曜日から数えて47日まえで、灰の水曜日(ash wednesday)の前日と決まっているパンケーキの日(shrovetuesday)は、毎年変わる移動祝祭日。あした14日のチョコレートの日(valentine’s day)は忘れなくても、パンケーキの日はキリスト教のカレンダーを調べないと、今年はもう終わってた、ということがよくあります。


宗教的な習慣ではまったくないものの、パンケーキ好きのわたしはこの日を、パンケーキの新たな愉しみ方を探る機会にしています。というわけで今回、これまでつくろうつくろうと思いつつようやくつくったのがダッチベイビーパンケーキ。バターを入れて熱々に温めたスキレットにタネを流し、高温のオーヴンで焼いてフンワリふくらませたパンケーキです。

a0147281_10311583.jpg
a0147281_10311264.jpg
a0147281_10310947.jpg
そして、昨年の秋から、公園を歩くたびに34個ずつ拾ってはリスのごとく冷蔵庫に貯めこんでいた姫リンゴ(全体の3分の1はダメになってて使えませんでした)を、先月ようやくジャムにしたので、パンケーキに添えました。この姫リンゴは、たいていこして煮詰めてジェリーにしますが、皮ごとジャムにしたらどうなるのかと思って、試してみた結果がこれ。

a0147281_10310617.jpg
a0147281_10310371.jpg
このパンケーキは、オーヴンから出した直後はびっくりするくらいふくらんでいてわくわくしました。が、残念ながら冷めてくると、ごらんのとおり、またたくまにしぼんでしまいました。それでもふつうのパンケーキとは食感が違います。(甘くした)ヨークシャープディングとクラフティの中間、といったところでしょうか。ジャムを添えて食べるのがグッド。

a0147281_10310080.jpg
a0147281_10305631.jpg
a0147281_10305311.jpg
パンケーキの日は、ニューオーリンズで有名なお祭りの「マルディグラ」でもあるんです。このmardi gras がフランス語で、「fat tuesday」の意味だったことに、今回ようやく気づきました。23月は、キリスト教徒の国ではカーニヴァルのシーズン。今朝も氷点下で例年にないほど寒い日がつづいていて、カーニヴァルなんて、ほとんど想像できないんですけどね。

a0147281_10305036.jpg
a0147281_10304683.jpg
本日の朝食 : shrovetuesday’s dutch baby pancake with homemade crabapple jam 



あぶそる~とロンドンもよろしく。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


by serendipity_j | 2018-02-13 10:46 | クッキング sweet | Comments(2)
鬼やらい! 春までの長い冬

a0147281_14172820.jpg

きょうは節分。先週の土曜にショッピングモールのまえで石清水八幡宮の巫女さんが配っていた豆を飾っていましたが、いよいよ、鬼を追い払う日となりました。


a0147281_14172272.jpg
邪気払いには、豆まきより「縁起食」で? スーパーの入り口からはイワシを焼いた匂いがし、巻き寿司コーナーのまえには、ちょっとした人だかりができています。


a0147281_14171474.jpg
氷点下の最低気温が続き、次の寒波も控えているそう。でも、束の間の暖かい陽射しに公園の梅が芳香を放っていました。寒紅梅にかぎっては5分咲きから9分咲きです。

a0147281_14170880.jpg

よい週末を!



あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


by serendipity_j | 2018-02-03 14:31 | miscellany | Comments(0)
新年のリチューアル(brunch + tea)

a0147281_10465026.jpg

2018年元日のお正月ブランチは、一汁三菜の究極のシンプル膳でした。珍しく好物の柚子も買わず(この冬は不作なのか高いだけで質もよくない感じ)、お雑煮用の金時人参も買わず、買ったのは、はんぺんとお多福豆(しかもフジッコ…笑)だけであとは家にあったもので代用。それでもなんとなくさまになったのは、塗りの半月盆のおかげかな…。

a0147281_10465445.jpg
a0147281_10465927.jpg
鬼簾がなくても、ブレンダーとノンスティックフライパンさえあれば、伊達巻がこんなに簡単に美味しくつくれるとは知りませんでした。年末の大発見。どうして母につくってあげなかったのか、と反省。これからは気軽につくるつもりですが、今回は古いフライパンを使ったせいで焼き色にムラが出る失敗も。次回はいいフライパンを使いましょう…。

a0147281_10470311.jpg
a0147281_10470715.jpg
うちの子どもたちの家庭ではどちらも、お正月にお節もお雑煮も食べないそうですけど(「祖父母の家の味」として想い出に留めているらし)、母からレシピを受け継いだこの白みそ仕立てのお雑煮がなければ、わたしの新年ははじまりません。ただし今年は、おめでとうの言葉も祝箸も抜きで(このあとうっかり近くのお寺に初詣しちゃいましたが)。

a0147281_10471024.jpg
ここ数年、元日に「おうす」で母とお茶をするのが習慣になっていました。お茶を点てるというだけで、いつもとちがうよそゆき気分を味わえ、抹茶の味のみならず、ちょっと襟を正してお茶を飲むようなところが気に入っています。でも、いただくのは上等な和菓子ではなく庶民的スウィーツ。梅が枝餅なら申し分なかったけれど、冷凍黒豆大福を解凍して。
a0147281_10471439.jpg

a0147281_10471717.jpg
a0147281_10472104.jpg
a0147281_10472447.jpg
a0147281_10472873.jpg
本日のブランチ + お茶 :

伊達巻 + 蕪のネーブルと蜂蜜入り甘酢漬け + 白みそ仕立て京雑煮 rolled omelette with kneaded fish meat and honey “datemaki”+ pickledturnips with honey and orange + cooked broad beans “otafuku” + kyoto-stylewhite miso soup with rice cake/ 抹茶 + 黒豆大福 matcha green tea + rice cake“daifuku” with black soybeans


大晦日にフレンチプレス(bodum のコーヒー淹れ。割ったのはこれで4個目!)のガラス製ビーカーを割って「割り納め」し、元日にはワイングラスを割って「割り初め」の、やらかしつづきの年末年始(苦笑)。そして初夢? 2日に夢を見たのはたしかなものの、なぜか思い出せません。


とにもかくにも、お天気も好く穏やかなお正月です。いかがおすごしですか?


あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ




第2回プラチナブロガーコンテスト



by serendipity_j | 2018-01-03 11:00 | クッキング mixed | Comments(2)
another year over...

a0147281_21405759.jpg

あと数時間で2017年が終わります。今年は、大阪で初めての「ぼっち」の年末と新年…。ロンドンから帰国して母のそばに住んで以来、母が入院したときでさえ外泊許可をもらい、12年間一度も逃すことなく、年末は母とすごしてきました。大晦日は録画した映画を一緒に観たあと、わたしがお重にお節料理を詰め、かならず朝寝坊する元旦には、そのお節とお雑煮をふたりでいただくのが習慣でした。


きのうは、公園を歩きながら母が住んでいたあたりの丘が目に入ると、淋しさがこみあげて涙がぽろぽろと落ちてきましたが、それで気持ちに区切りがつけられたはずのきょうは、やっぱり歩いていて母を想い出してしまったものの、いくらかすっきりした気分で公園の歩き納めをしてきました。父と母がいたから自分がここにいることを、この年になって初めて心からうれしく思い、感謝しながら…。


いま、とても静かな大晦日をすごしています。「ぼっち」になっても、これまでどおり年越しそばを食べました。喪中につき、お祝いはできないことになってますけど、母とのお正月を偲ぶ意味と淋しさを紛らわすためもあって、元旦はお正月らしく迎えたい…。というわけで、伊達巻をつくってお雑煮も下準備したところです。母(と父+兄)の遺影にも供えて、これまでどおり一緒にお正月をお祝いします。


みなさまも、どうぞ素晴らしい新年をお迎えください!


あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


by serendipity_j | 2017-12-31 21:52 | miscellany | Comments(0)
nagasaki day 2017

a0147281_21073946.jpg

今年も、蝉の声が散歩する人の足音をさえぎるなかで巡ってきた、長崎に原子爆弾が落とされた記念日。

a0147281_21074576.jpg

毎年発表される新たな記録写真を見て、暑い盛りに酷い目に遭わされた長崎の人びとに思いを馳せます。

a0147281_21080779.jpg
地獄絵図の様相を呈した長崎。その2か月後に新芽を出した栗の木に、希望を見出した人もいたのでは? 

a0147281_21081580.jpg

72年間、戦争に巻きこまれてこなかったのは、犠牲になった方々のおかげ。忘れてはいけないことです。



あぶそる~とロンドン


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


by serendipity_j | 2017-08-09 21:14 | miscellany | Comments(0)
hiroshima day 2017

a0147281_09112669.jpg

耐えがたい蒸し暑さをさらに蒸し暑くするのが、早朝から大音量で鳴きつづける油蝉の合唱です。今年もまた「あの朝」が訪れました。


ここ数年、世界平和への道から大手を振って離れる国(厚顔無恥で浅はかな大統領や首相)が台頭し、ましてや被爆国の日本が、先月採択された核兵器禁止条約の交渉に参加しなかったのは、嘆かわしいかぎり。

a0147281_09113041.jpg

原爆が落とされた日をわたしは、惨い戦争によって命を奪われた人々がいた事実を、思い出す日としています。京都に住んでいたため戦災は免れましたが、たのしいはずの思春期をまさに戦争とともにすごした母。そういえば昨年はこの日に退院して、翌月には元気に米寿を迎えられたのでした。


母の鎮魂も祈り、世界の平和を願ったすべての死者に対して黙祷――。


あぶそる~とロンドン


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


by serendipity_j | 2017-08-06 09:19 | miscellany | Comments(0)
| ページトップ |