Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(213)
(103)
(91)
(90)
(86)
(84)
(84)
(83)
(80)
(80)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
文月のドッグデイズ
at 2018-07-19 17:38
レインボウカラーのチャード
at 2018-07-14 23:15
豪雨のあと
at 2018-07-10 16:26
透明で冷たいお菓子の季節
at 2018-07-05 22:02
茉莉花、オレガノ、そして檸檬の木
at 2018-07-01 21:32
記事ランキング
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

タグ:秋 ( 76 ) タグの人気記事
味覚の秋(寒さは冬のようだけれど)

a0147281_20300716.jpg

真冬の寒さが続いています。緑の葉物野菜が値上がりし、野菜中心のmy 食生活には痛手です。ま、こういうときは、旬でありながら天候にあまり影響されず、安定して供給されるキノコ類を多めに摂りましょうか。キノコはヴィタミンDが豊富ですし、バターで炒めてカンパーニュにのせれば、秋メニューのブランチに。


一方、秋の果実は問題なくて助かります。果物を食べずに暮らすことなどわたしには考えられないのですけど、世の中には果物にさほど興味のない人もいて、しかも珍しくないみたい。亡くなった母がそうでした。かといって嫌いなわけではないので、果物を小口切りにし、ヨーグルトであえて、必ず朝食に出していました。

a0147281_20301679.jpg
a0147281_20302035.jpg

わたしは果物が好きすぎていつも見つめていたいため、ついつい食べ切れる以上に買ってしまう傾向があり、反省中。すでに洋梨も旬を迎えてますが、とくにこの秋は柿が豊作のよう。公園を歩いていても落ちてる柿を拾い、よく飾っています。食べるほうの種なし柿は安価で美味しく、サラダなどにしてお料理にも使用。


実際、柿と生ハムは、相性がばっちりです(martha の場合は軽くカラメルゼして)。で先日、出張で滞在していた息子が横浜に戻る土曜日のブランチに出したところ、生ハムがのっかってる柿を見て「この黄色いの何?」と。何年も柿を食べていなかったそうで、今の大ぶりの種なし柿を見たことがなかったのでした。

a0147281_20302445.jpg

a0147281_20302966.jpg

息子の家でも、果物はバナナくらいしか食べないそう。というわけで、息子の食物ガラパゴス化をふせぐために、大阪出張で泊まるときは果物を買っておくことにしましょう…。じつは「柿」の話で最近衝撃を受けたことがもうひとつ。地元の人たちのイントネーションが標準語の「牡蠣」なのです。うう~ん気になる~。

a0147281_20303420.jpg

本日のブランチ : tartine aux champignons + kaki au jambon cru +salade verte キノコのタルティーヌ + 柿の生ハム添え + 水菜のサラダ


美味しい勤労感謝の日を!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2017-11-22 21:01 | クッキング savoury | Comments(0)
霜月のビジュウ

a0147281_23162189.jpg

晩の気温が下がり、加速度的に色づく樹々の葉を目にして、気持ちが追いつかないこのごろです。もっとゆったり味わいたいので、ちょっと待って、という感じ。いっぽう、華やかさでひときわ目をひく南アフリカ原産の花、nerine bowdenii ネリネが咲いています。この季節に不釣り合いなほど派手なのですが、霜月の花といってもいいでしょう。


英語の発音はネリーン(ネラインと呼ぶひとも)で、「ガーンジーリリー」の名前が一般的のよう。でも、なぜか日本では「ダイアモンドリリー」と呼ばれていて、わたしはこの呼び名が好き。というのも大昔、ずっと憧れていた「ボックス入りの花束」というものを初めてお誕生日にもらったとき(当時の夫に)に入っていたのが、この花でした。

a0147281_23162482.jpg
a0147281_23162829.jpg
花も宝石もどちらも、手に入れると幸せな気分になります。母の遺品にも宝石類があるにはあったものの、宝石類には興味のなかった母でしたので、生前、身に着けているのを見たことがほとんどなく、小さなボックスに詰まっているアクセサリーは、どうみても安物ばかりのようでした。バザー行きか、思い切って捨てるしかないような…。


ところが、あとでじっくり見ながら分けていると、イミテーションだと思っていたものがプラチナ台つきのオパールだったり、本真珠のブローチだったり! 母の宝石はとうの昔にもらっていたのに、そのあと内緒で買っていたんですね(笑)。でもわたしが気に入っているのは、母が若草色のスーツに着けていた記憶がある安物のブローチです。

a0147281_23173697.jpg
a0147281_23174129.jpg
a0147281_23174618.jpg
今週末、甥の結婚式に出なくてはならないため、数年ぶりで(息子の結婚式のとき以来)着るワンピースを引っぱり出してみました。大丈夫みたい(笑)。スカートはいてヒールで歩くなんていうのは、告別式や法事以外では久しぶり。たまには、ドレスアップもいいもんです。


余談ながら、注文した二冊の本は前後して英国より届きました。こちらがひと足先に届いた「街歩き」のほう。どちらもすぐに読み始めたものの、つづけて読み出したのは、あとから届いた「森歩き」のほう…。季節がそうさせるのか、いまはなんとなく、気分はそっち…。

a0147281_23175151.jpg

あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2017-11-07 23:31 | 花 indoor | Comments(0)
十三夜と紅葉“第一章”

a0147281_23045555.jpg

霜月のはじまりに美しい十三夜が見られるとは、なんという幸運。十五夜のお月さまは、台風シーズンのせいで見られないことが多いのです。月見に紅葉狩りと、秋ほど風流な季節はありません。子どものころ小倉に住んでいたときに、町内の子ども会の遠足で、母親たちもみなそろって大分の耶馬渓へいったことを、ふと思い出しました。空気が澄んで散策にもってこいのこの季節が、いちばん好きです。夏が去ってもシジミ蝶はまだ居残り、わたしの「ゴドー」(モズ)も帰ってきました。

a0147281_23050242.jpg
a0147281_23050543.jpg
a0147281_23050893.jpg
昨夜は気温が5℃台まで下がり、一時的に忘れていた冬の寒さを思い出しましたが、夜の気温が下がるにつれて、紅葉が進みます。

a0147281_23051283.jpg
a0147281_23051475.jpg
a0147281_23051895.jpg
それでもまだ、夏と入り交じったような秋の色彩。ただ、空の青さのトーンがちがいます。空気と光が、ちがううせいでしょうか?

a0147281_23052136.jpg
a0147281_23052466.jpg
a0147281_23052760.jpg
ほぼおなじ時間に公園のいちばん高い場所に行って、360度見渡し、西の空に傾いた夕陽を眺めるのが、日課になってしまってます。

a0147281_23053062.jpg
a0147281_23053351.jpg
a0147281_23053626.jpg
おなじルートで、毎回どうしても足を止めてしまうのが、白い秋明菊です。でもきのうは、目立たない茶の木の花を見に、寄り道を。

a0147281_23053973.jpg
a0147281_23054226.jpg
a0147281_23054554.jpg
待ちわびた秋! ところが勘違いして秋に咲く桜やスモモを見るのは、最近は珍しいことでもなく…地球の温暖化は止まりません。

a0147281_23054837.jpg
a0147281_23055028.jpg
a0147281_23055485.jpg

あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2017-11-01 23:11 | 四季 | Comments(2)
秋、すこしずつ

a0147281_22271779.jpg
またまた雨。台風SAOLA が近づいています。先週末、日本列島を襲ったスーパー台風LAN は、雨はさほどひどくはなかったものの、暗くなってから吹き荒れた恐ろしいほどの強風。臆病な母がもし生きていたら、怖くて一睡もできなかったことでしょう…。案の定この風が、わたしが公園の隣に住みはじめてから最大の被害を、公園の樹木にもたらしました。


雨のあがった月曜日、さっそく公園へ。折れて落ちた椎の木の枝が散歩道を埋め、月桂樹や松の倒木が横たわり、ぽっきりと折れたユーカリの大木のまだ湿った幹があらわになり、45度に傾いた背の高い糸杉など、多くの木々の無残な姿を目の当たりにして悲しくなりました。今月に入って戻ってきていた野鳥たちは、あの風のなかでどうしていたのでしょう? 


公園では危険な箇所が優先的に片づけられ、散歩道から赤いコーンがほぼ消えた木曜日は、素晴らしい散歩日和。ようやく、「黄昏の国」らしい10月の景色を見ることができます。あちらこちらで木々の紅葉が進むいっぽう、花壇にはまだ夏の花が咲いているものの、花びらの彩はずっと深く、茎や葉には赤い水彩絵の具を混ぜたような秋色に変化しています。

a0147281_22272192.jpg
a0147281_22272499.jpg
a0147281_22272798.jpg
a0147281_22273033.jpg
a0147281_22273359.jpg

一日が短くそして影が長くなるこの季節の、温かい夕陽を浴びた秋明菊。白い花びらがうっすらと茜色に染まって…。

a0147281_22273653.jpg
a0147281_22273991.jpg

美しい草や木に目移りしていると、あっというまに陽が沈んでしまいました。夕焼け空を背景にいっそう赤く燃える沼杉。

a0147281_22274209.jpg
a0147281_22274596.jpg
a0147281_22274707.jpg

花とおなじくきれいな色の葉を見て、「秋は二度目の春」と言ったのはカミュ。空の高いところを見あげると三日月が…。

a0147281_22275021.jpg


P. S.

秋だけど春、というイメージにぴったりのERDEM がコラボしたH&Mキャンペーンヴィデオ。バズ・ラーマン監督が製作。ロマンティックで野性的で神秘的な花の世界に、体操の白井選手似(?)の青年が登場!


あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2017-10-28 22:55 | 花 park | Comments(0)
(雨が降るまでの)素敵な神無月

a0147281_21492064.jpg
神無月は、いいお天気がつづいた最初の週から一転し、雨、雨、そしてまた雨。きょうは午後から雨脚もつよくなり、日課になっている公園でのウォーキングも、あきらめるしかありません。上天気だった最初の週末、戻ってきた野鳥と虫の歌に耳を澄ませながら、神無月の公園で咲く花の写真を撮りました。

まずは野花。毎秋見つけるのをたのしみにしている「わたしの秋の七草」と勝手に決めているのが、秋いちばんに咲くsweet autumn clematis(仙人草)、ニラ、ツルボ、ヒヨドリバナ、ミゾソバ、ノコンギク、そして初夏よりも断然多く咲くツユクサです。秋らしい色彩のなかで目の覚めるような青が目立ちます。

a0147281_21492663.jpg
a0147281_21492955.jpg
a0147281_21493517.jpg
a0147281_21493239.jpg
きわめて地味な小花を咲かせるヒメジソはもう終わり。池のほとりで、いつも遠慮がちに咲いているサワキキョウ(沢桔梗)には例年になく勢いがあります。

a0147281_21493839.jpg
a0147281_21494205.jpg
a0147281_21494413.jpg
花壇では、ヴァラエティに富んだサルビアに、息を吹き返したブッデリアとフジバカマ(もしかすると品種改良されたjoe pye weed ?)も咲いています。

a0147281_21495069.jpg
a0147281_21495349.jpg
a0147281_21495664.jpg

セージのなかで、最近のお気に入りはロシアンセージ(もっと公園に増やしてください…笑)。同じシソ科のコキアコリウスもセージに似た花をつけてました。

a0147281_21495968.jpg
a0147281_21500162.jpg
a0147281_21500542.jpg
a0147281_21500865.jpg

ナニワノイバラのヒップが膨らみ、ザクロも色づいています。桜にハナミズキ、ケヤキなど、紅葉し始めた木もあるものの、まだまだ夏の青さを残す沼杉。

a0147281_21501595.jpg
a0147281_21501834.jpg
最近は珍しくないオリーヴの木。公園では見事に実り、ここはどこの国?という感じ。しかも週末は、ロンドンが懐かしくなるアイスクリーム・ヴァンも登場!

a0147281_21502455.jpg
しばらく、美しい秋の日のウォーキングは望めないようです。じつは今月のはじめに、亡母の住まいは新しい「主」を迎えたため、急転直下ですべてが片づいてしまいました。これまでと同じように、毎日公園を歩いても、もう母の住む場所に向かって足を進めることはありません。思うと切ないとはいえ、とてもいい方に住んでいただけて、幸運でした。

わたしの暮らしもようやく落ち着いた感じで、きょう本を二冊注文。(英国から)届くのがたのしみです。病院のベッドで横になっている母の顔をのぞきながら、ときどき本に目を落としていた五月以来、この数か月のあいだはまったく本を開いていませんでした。注文した本の内容は、一冊が都市のなかを、もう一冊は森のなかを、歩く女性のお話です。


あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

[PR]
by serendipity_j | 2017-10-16 22:59 | 花 park | Comments(0)
曼殊沙華、またの名をスパイダーリリー

a0147281_16192014.jpg

きょうもニッポン(といっても体験してるのは近畿地方)は朝から晴れ渡っています。きのうは、えもいわれぬ美しい秋の日でした。昨年の秋はどうしたことか見ごろを逃してしまった彼岸花、あるいは曼殊沙華。わたしはお彼岸に咲くこの花を、お墓とリンクしたイメージを払拭するためにspider lily と呼ぶのが好きですが、とりわけ白花のlycoris albiflora は、まさに彼岸(あちらの世界)で咲く花のごとく華麗で神秘的。

a0147281_16192561.jpg
a0147281_16192836.jpg
a0147281_16193060.jpg

一方、一度見たら一生忘れられないような、毒々しさではピカイチの紅いlycoris albiflora も満開です。突然現れて燃えるように咲き、こちらもやっぱり現実離れした花。赤い炎が広がるように田んぼをとり囲み、そばをゆく人の目を釘づけに…。今年も、うちのお嫁さんの御殿場のご実家から新米がすでに届いてますけど、公園のミニ田園も実りの季節を迎えています。家にいても外から金木犀が香る、極楽気分の秋です。

a0147281_16194653.jpg
a0147281_16194227.jpg
a0147281_16195025.jpg
a0147281_16195387.jpg

なのに、極楽気分とは正反対なのがこの世の中の出来事――ロヒンギャ難民の惨状にメキシコ地震、イルマにホゼにマリアと立て続けに被害をもたらしたハリケーン。そして、吐き気がするほどすべての言動に品も知性も雅量もゼロ以下の米国大統領と、かの国の裸の王様の危険な挑発合戦。どちらも一国の指導者になってはいけない人物だというのは一目瞭然ですが、タイミングよく持ちあがったその北朝鮮問題と、みんなとうの昔に自覚している少子高齢化を唐突に持ち出し(世界的不景気のリスクを理由に消費税の増税延期をしたときもそうでした)、「国難突破解散」を高らかに言い放ったニッポンの総理大臣。自己保身解散のための都合のいい理由だと、見え見えでしょ? 待ちに待った素晴らしい季節がやってきたというのに、腹が立つことばかりなのです。


でも、よい週を!


あぶそる~とロンドンもよろしく。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

[PR]
by serendipity_j | 2017-09-26 16:29 | 花 park | Comments(0)
お別れをいうための、b-train trip
a0147281_15235968.jpg

先日、新幹線(bullet train)に乗って急きょ横浜へ行ったのは、じつは、長いあいだ乳ガンと闘っていた友人に、心のなかでお別れをいうためでした。

新横浜から聖マリアンナ病院へいき、数十年ぶりで顔を見る友人の娘のe と会い、病室のベッドに目をやると、自分では体を動かせない彼女がいました。

久々の再会は「辛い」一言に尽きます。電話で長話をしてからまだひと月もたっておらず、容体の急変はショックでしたが、終始笑顔で話しかけました。
a0147281_15273461.jpg

友人はもう、それに返事をすることはできません。ただ、e とわたしが話していると、ときどきかすかな笑みを浮かべるので、聞こえてはいたようです。

今度は自宅でね、といってさよならしました。そしてそっと、おでこに口づけをしました。兄とのお別れのときのように…。わたしのお別れはいつもこう。
a0147281_15244415.jpg

病室を出たとたんに涙があふれてしまい、e に慰められたものの、一番辛いのは娘の彼女に違いありません。病院の外に出ると、空は嘘のように澄んで青く…。

自由が丘で乗り換えて山下町まで行くのに、田園都市線に乗ったところ、ニコタマ(二子玉川)周辺では景色があんまり懐かしかったので、降りてみました。
a0147281_1525167.jpg

昔、また別の友人が緑区に住んでいたときに、彼女と一緒によく降りた駅です。小学校の5年生から40歳になるまで、ずっと刺激し合っていた友人でした。

理由がわからないままプツリと連絡が途絶え、連絡しても返事がこなくなり…彼女と話したいなあ、と、昔を思い出してはいまも悲しい気持ちに襲われます。
a0147281_15263598.jpg

彼女はどこかで幸せに暮らしていることを信じつつ、傾き始めた陽が照らす多摩川を眺めながら、また、永遠のお別れをしてきたばかりの友人を想いました。

そしてつい先ほど、e からの連絡で彼女が亡くなったことを知りました。頭が急に重くなり、ハンマーでガ~ンと殴られたようなショック。初めての経験です。
a0147281_1527357.jpg


毎日、彼女を想って、祈っていたものの、ここのとこは具合の悪い母の通院やらでバタバタとしていましたから、突然の訃報の衝撃がよけい大きく感じられます。

横浜では91歳の「マミー」を数年ぶりで訪ねました。夫と離婚してからは他人となった元義理の母から、別れぎわに、またきてね!といわれたのはうれしいかぎり。

長いお別れも、永遠のお別れも、お別れをいうたびに自分勝手なわたしを無条件で助けてくれたことが頭をよぎります。なのに、わたしは感謝が足りません!


あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-11-17 17:14 | 旅行 domestic | Comments(2)
神無月のペルシカリア
a0147281_14244415.jpg

歩いていると、どこからともなく香ってくる金木犀。日曜日に確認したときには、まだ花の姿も香りもありませんでしたから、ここ一両日で一斉に開花。
a0147281_1425542.jpg

今朝は母のところから自宅に戻る途中、秋の深まりを実感しながら歩きました。とはいえ、気温だけでなく湿度も高い今日は、秋というより夏の陽気。
a0147281_14252140.jpg

ちゃんと秋の花が咲き、紅葉も柿に始まって桜もすでに色づき始めましたが、草も木も花も、日々異なる寒暖の大きな差に、とまどっていることでしょう。
a0147281_14253929.jpg

暑さに疲れた植物に、とりわけ優しいのがこの季節。雑草も繁茂しています。わけてもいま、子孫を残す営みに旺盛なのがタデ科。水際を見るとびっしり!
a0147281_14255631.jpg

蓼食う虫も好き好きの、あのタデです。地味だけれど、よく見るとどれも可愛い花ばかりで、この秋の薄紅のミゾソバ(persicaria thunbergii)は格別。
a0147281_14261470.jpg

お隣の公園にはほかにも(上から順番に)、細長い葉のシロバナアキノウナギツカミ(persicaria sieboldi?もしかするとナガバノウナゴツカミpersicaria hastato-sagittata かも)、小さな花の形が桜のようなシロバナサクラタデ(persicaria japonica)などが咲いています。以上が、ペルシカリア(persicaria イヌタデ属)。

そして、もともとは園芸用として海を越えた名前に「japanese」のつく秋の花で、米国を覆い尽くす勢いのクズ(japanese arrowroot/ kudzu)同様、英国ではjapanese knotweed と呼ばれてみんなから憎まれているイタドリ(fallopia japonica)もタデ科(poligonaceae)の仲間です。地味な花ですが、わたしは好き。ただし、(ロンドンに住んでいたときにはわたしも駆除に苦労したように)一夜にして2メートルほどに成長し、突然ジャングルが出現しなければ、の話ですが。


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-10-18 14:42 | weed | Comments(0)
秋のピクニック日和に
a0147281_1601539.jpg

夏ではなく秋のピクニックが「my 年中行事」となっています。というわけで、暑いけれど爽やかな風の吹くような秋晴れの日を、待ちわびることひと月。
a0147281_1603549.jpg

ピクニック日和となった水曜日の穏やかな昼下がりに、ようやく実現しました。風は少々強かったものの青空が広がり、アルフレスコに絶好の気候です。
a0147281_1641761.jpg

恒例となっているこの簡単(貧弱)ピクニックをするのは、いつも静かな週日。バーベキューを楽しむ豪華テントの並ぶ週末は、気が引けますから(笑)。
a0147281_161732.jpg

計画も準備もしないピクニックですが、公園の奥へ行くのにも5分とかからない近さ。思い立ったら吉日です? 家にあるものをバスケットに入れて…。
a0147281_16433328.jpg

たとえば、アボカドと生ハムをはさんだだけの黒パンのサンドウィッチ。小袋のjagabee に青リンゴ。そして、保冷壜にはグレープフルーツのジュース。
a0147281_1614159.jpg

今回は、花壇のそばの芝生に座って飛行機雲を眺めながら、去りゆく夏と深まる秋の織りなす自然の美しさに、しばしボオ~っとし、われを忘れました。
a0147281_162367.jpg

日中でも聴こえる虫の音も、いまがたけなわ。じつに穏やかで、ときおり、昼食後のウォーキングをする人や犬を連れた人が、目のまえを横切るくらいです。
a0147281_1622051.jpg

ところで、この赤いものは千疋屋の「銀座フルーツジュレ」。トマトは初めて食べました。色が濃くて少々ドキッとしますが(笑)、味はさっぱりしてますね。
a0147281_1624217.jpg

さてと、ピクニックの仕上げは花壇巡りです。ローズマリーの茂みうえを数匹のヒメアカタテハが舞い…あら、オミナエシとシロタエヒマワリがまだ咲いてます。
a0147281_163462.jpg


台風「aere(19号)」からは離れていても、蒸し暑さの戻った週末。海の向こうでは、モンスターハリケーン「matthew」がもたらした犠牲者の数が、わかっただけでも800人にのぼるハイチ。地球温暖化によって、ハリケーンや台風、そしてストームは、年々パワーが増しているのは事実です。パリ協定は来月4日発効地中海では欧州を目指す難民/移民の多くが命を落とし、酷すぎる世の中に言葉が見つかりません…でも、やっぱり素敵な秋の連休を!

あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-10-08 16:37 | デイアウト | Comments(0)
公園が秋色に染まるまで
a0147281_13143231.jpg

霜月になりました。この秋初めて「寒い」と独りごち、季節の移ろいを実感。ただ公園が秋色に染まるまでは、少し時間がかかりそうです。
a0147281_13145045.jpg

とはいえ、いちばんに色づくアメリカ楓の赤い葉はすでに散りはじめ、メタセコイアも、場所によってはすっかりジンジャー色になった木も。
a0147281_13151155.jpg

a0147281_13153097.jpg

夏まえから咲いて開花期の長いサルスベリの花は、いつのまにか終わっていました。紅葉谷では、紅葉のはじまった木も幾本か見られます。
a0147281_1315476.jpg

今朝、目覚めると町が霧に包まれていました。霧が懐かしいロンドンでも、霧の多い時期のよう。公園のお隣に引っ越して、昨日で10年です。
a0147281_13161388.jpg

素敵な霜月を!

あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-11-03 13:20 | 四季 | Comments(0)
| ページトップ |