Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(210)
(102)
(87)
(85)
(84)
(83)
(83)
(81)
(80)
(76)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
春野菜の食卓
at 2018-04-15 21:50
春花木
at 2018-04-11 23:05
文旦マーマレードと春ニンジン..
at 2018-04-05 23:07
桜を見ては貴方を想いだす…
at 2018-04-01 23:28
スモモの花影で、蜜に酔うエナガ
at 2018-03-28 22:18
記事ランキング
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

タグ:魚介類 ( 32 ) タグの人気記事
春野菜の食卓

a0147281_21250253.jpg

春キャベツに新玉葱に新ジャガ。どの店に入っても野菜売り場は新鮮な春野菜であふれ、お値段もぐっとお手ごろになったので、食材を仕入れるのが楽しみな季節です。

a0147281_21250071.jpg
a0147281_21245681.jpg

なくてもすむもののあると重宝するハーブくらいは自分で調達したいので、暖かくなったら、と思っていたバジルやディル、パクチーの種を、きょうやっと植木鉢に。

a0147281_21245338.jpg
a0147281_21245100.jpg

鮭の旬は秋。でも最近は輸入ものが1年中手に入ります。そのときに採れるハーブを使うサーモンの包み焼き。昨秋、息子がきたときにはズッキーニと一緒に焼きました。

a0147281_21244810.jpg
a0147281_21244578.jpg

新ジャガはローストで食べると絶品です。チャイヴを加えたサラダもいけます。ところがうちのチャイヴ、この春、全滅しました(10年も植わっていたので、寿命?)。

a0147281_21244161.jpg
a0147281_21243466.jpg

本日の三菜 : new season fresh onion and cabagge salad with fresh pineapple/ baked salmon in parchment (salmon en papillote) / roasted new potatoes with rosemary パイナップル入り新玉葱と春キャベツのサラダ/サーモンの薬草包み焼き/新ジャガのローズマリー風味ロースト


久しぶりに、雨の音で目覚めました。雨は嫌いですが、そんな雨の降る日曜日の朝にも、ひとつだけ愉しみがあります。『ヴェニスに死す』(マーラーの交響曲大5番)を聴きながらコーヒーを淹れてパンをかじるのに、完璧なお天気なのです。窓ガラスについた雨の水滴が光り、かすかに聞こえる雨音と、ときおり、走り去る車が雨をはねる音――ストリングスの奏でる旋律に重なり、瞑想しているような気分で一日がはじまります。


しばらくすると遠くの山が見えてきたため、買い物に出ました。出かけるときにはまだ小雨が降っていましたが、帰りはすっかりあがっていたので、そのまま公園を歩きました。見わたすかぎりの新緑が、目にまぶしいほどです。花水木が満開で、コテージガーデンのハーブはすくすくと育っています。日曜日なのに人影もまばらで、静かな散歩が愉しめました。夕方には陽が射し、爽やかな季節を先取りしたような、素敵な日曜でした。



先日の公聴会でのFB ザッカーバーグ氏、各テレビ番組ではいろんな茶化され方をされてました。共通していたのは、アンドロイドかロボットみたいに表情が終始変わらないとこ。想定しうるかぎりの質問に答える分厚いノートをもちこみ、そうとう練習してから臨んだようですし、分厚いクッションのもちこみなどもスクープ。日本の国会では証人喚問自体が茶番で、もうなにも期待しませんけど、安倍さんも、いよいよオワリかな?


なんと、英国ロイヤル・バレエ団のソリスト、平野亮一さんのコラムがスタート!

あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
by serendipity_j | 2018-04-15 21:50 | クッキング savoury | Comments(0)
アルゼンチン赤海老のスパゲッティ
a0147281_16403997.jpg

もう梅雨明けですかね? 天気予報に傘マークはとうぶん見あたりませんけど…。とにかく先週末から、精気を萎えさせるような、ひどい蒸し暑さです。
a0147281_16405751.jpg

この暑さで老母はまた食欲減退。何を作っても食べたくないようです。一方、わたしが自宅で過ごす週末は、1人なのでお料理するのが面倒になりがち。
a0147281_1641238.jpg

それでも、アガパンサスが咲くブエノスアイレスに思いを馳せたところで、アルゼンチン産の赤海老を使い、久々に好物のスパゲッティをつくりました。
a0147281_16413841.jpg

この生食用の海老は頭がついているので、仕上がりの見栄えがよく(ヒゲは解凍後に数本落ちたため、抜いてしまいましたが)、殻からはいい味が出ます。
a0147281_16422564.jpg

新ニンニクも新タマネギもまだありますし、なんといってもトマトが旬。けど、イタリアのレシピサイトを見ると、使っているのはチェリートマトばかり。
a0147281_1643650.jpg

大きめの完熟トマトでも、美味しくできあがりました。夏はやっぱりパスタです! それにしても、今からすでにこんな蒸し暑さ。この先どうなるんでしょう?

本日のパスタ : spaghetti al pomodoro con i gamberi


あ、前回、アガパンサスがwinbledon でも咲いている、と書きましたが、アリウム(ジャイアントオニオン)の勘違いでした。失礼いたしました。でも、wimbledon カラーの紫系統の花が植えられているようなので、もしかしたら、咲いてるかも?

そして、わたしのwimbledon は、昨日、錦織選手の棄権による敗戦で、終止符が打たれました。プレイするのがあまりに辛そうなので、「早く棄権して~」とテレビに向かって叫んだほど。次のトーナメントまでの順調な回復を、祈ってます。

今後、陰ながら応援するのは、たぶん、錦織選手の対戦相手だったmarin cilic 選手かな~。ボスニア=ヘルツェゴヴィナ生まれのクロアチア人、cilic 選手は、最近、母国の子どもたちを支援する基金を設立。(大富豪の)錦織選手にも、そろそろ独自の慈善事業に乗り出してほしいなあ、と思っていた矢先のニュースでした。

一方、先日のセンターコートでの試合に、「僕でなくもっとほかにいたんじゃないか」(みたいな?)と謙虚な発言をした錦織選手とは対照的に、「この日が来るのが長すぎた」(みたいな?)と言ったraonic 選手が昨日、これまた謙虚なgoffin 選手を倒してしまい、かなり悔しい感じ。ん、cilic 選手に、期待しましょう!!


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-07-05 16:58 | クッキング savoury | Comments(2)
コージェットの夏

a0147281_11591544.jpg

暑い夏は苦手。でも、うれしいことがひとつ。コージェットをたくさん食べられること(旬なので安い!)。コージェット?何それ? ズッキーニです。

a0147281_11465760.jpg
英国ではズッキーニとは呼ばず、フランス流にコージェットと呼びます。なんかちょっとお洒落な語感? まあどっちで呼ぼうが、美味しさはおなじ。

a0147281_11465766.jpg
植えた覚えがないのに、母の菜園(バルコニーの)に突然現れて、ちゃんと実がなった小粒のトマトと一緒に、コージェットをオーヴンで焼きました。

a0147281_11465715.jpg
タイムで香りづけすると、南仏料理風? では海老のトマトソース煮も…。なら白ワインもなくっちゃね。というわけで、夏らしい食事のできあがり。

a0147281_11465743.jpg
以上、「コージェットの夏到来」をお祝いした、ひと月まえのメニューでした。今日は息子が出張でやってくるので、ひさびさに「おふくろの味」を。

a0147281_11465753.jpg
メニュー? もちろんコージェット登場(たぶんパスタに)。あとはまだ息子が食べてない「ヤンソンさんの誘惑」とニソワーズ風サラダかな…思案中。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2014-08-08 11:50 | クッキング savoury | Comments(0)
ヤンソンさんの誘惑の疑問
a0147281_11311711.jpg

花粉の季節。黄砂かな?と思せるほど視界がかすんだ水曜日。おまけにpm2.5 の飛来で、公園でのウォーキングも断念。これだから春の訪れは油断できません。

それなら、腰をすえてお料理でも…。というわけで作ったのが、「ヤンソンさんの誘惑」でした。あの「青と黄の建物」へ行くたび、迷わず手が伸びるお料理がこれ。
a0147281_1131295.jpg

そこではいつも、「菜食主義のヤンソンさんがこの美味しそうなお料理に誘惑され、ついアンチョビ(魚)を食べてしまった!」という、いわれの説明をうけます。

ところが、作るまえにレシピサイトをいろいろ調べてみたところ、「菜食主義のヤンソンさん」の話はどこにも出てこず、ちょっと拍子抜け。ま、どうでもいいこと?
a0147281_11314753.jpg

このお料理は本来、アンチョヴィではなくスウェーデン産のスプラット(小魚)を使い、クリスマスに食べるのだそうです。けど、これもま、気にしなくていいでしょう。

ただし、美味しさが全然ちがうので、牛乳でも植物性クリームでもなく、乳脂肪分の高いクリームを使います(ということは、最初からまったく菜食用ではありません)。
a0147281_11315847.jpg

もうひとつのジャガイモ料理の決定版、グラタンドフィノワよりもずっと簡単で、アンチョヴィだけで味が出ます。そのイメージか、ジャガイモを丸く切ってしまいました。

マッチ棒サイズに切るのが、どうも本式のようですね(タマネギもうっかりみじん切りに)。形、素材、いわれが何であれ、このスウェーデンの誘惑、冷めても美味でした。
a0147281_11321016.jpg

本日のキャセロール : klassisk janssons frestelse (läcker!)


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2014-03-01 11:41 | クッキング savoury | Comments(6)
ユネスコ無形文化遺産を食す
a0147281_17172315.jpg

とんでもなく大袈裟なタイトルになってしまいましたが、今回のトピックは、ユネスコの無形文化遺産に登録されたばかりの「和食」。ごく質素なわたしの昼食です。

冷凍しておいた一食分のご飯を電子レンジでチ~ンし、刻んで塩をふっておいた、生のままの大根の葉と、炒り胡麻を混ぜこんだだけの、わたし流の「菜めし」。

自転車を借りて、家電量販店へ買い物に行った帰りのことでした。畑に沿った道の脇に「1個100円」と書かれた札が立っていて、台のうえに水菜と葉つき大根が…。
a0147281_17172890.jpg

自転車を止めて台をのぞきこみ、数本置かれた大根を吟味していると、そこを通りかかったご近所のおばあさんが、「葉のほうに栄養あるんよ」とわたしに言います。

そうなんです。葉のない大根を見ていつも残念な気がしていたので、迷わず、大根1本と水菜1束を手にし、そばにあった小さな箱に100円玉をふたつ入れました。

その大根の葉が、翌日のお昼ご飯に…。このシンプルな菜めしは、六本木にあった自然食の(もう名前も憶えてない)お店で初めて食べて以来、わたしの大大大好物!
a0147281_17173187.jpg

このブログに和食がめったに登場しないからといって、和風料理を食べていないわけでも作っていないわけでもありません。田舎料理から懐石料理まで、大好きです。

母と一緒に食事するときはたいてい、お味噌汁に魚と煮物。ただ、ふだんの夕食は、ひとりで食べきれる「ひと皿料理」がいいし、となると、どうしても洋食になるのです。

でも、新鮮な大根の葉が手に入ったので、いつもはパンのお昼を、たまには気分を変えて和食にしよう!とハリキリ、いそいそとお昼の準備…。柿の白酢あえも作りました。
a0147281_17173422.jpg

みりんとお醤油に漬けた北海道産の鮭を焼き、完成。でも何か足りない? そうなのです、大根でオミオツケを作ろうと思ったら、うちにはお味噌がなかった(苦笑)。

お漬物はあまり好きではないのでいつも割愛するんですけどね、お味噌汁がなかったのは、淋しいかぎりでした。これでは和食の基本、「一汁三菜」を満たせません。

ユネスコ無形文化遺産、「和食」。最初は芸術的な「懐石料理」の登録をめざしていたそうですよ。でも、保護すべきはもっとふつうの食事だった、というわけです。
a0147281_17173674.jpg

本日の昼食 : 菜めし+北海道産鮭の漬け焼き+柿の白酢あえ+水菜のサラダ

p.s.
ネルソン・マンデラ氏が亡くなりました。ご高齢でしたから、仕方ありませんね。それにしても、いまの世のなかには、はいて捨てるほど「セレブ」はいますが、「偉人」はほとんどいません。残念です。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-12-07 17:43 | クッキング savoury | Comments(6)
秋茄子とアンチョヴィのパスタ
a0147281_16155051.jpg

蒸し暑い土曜日。活発に動き回る元気を失くしています。朝からずっと座ったままで、jaxa の特設サイトで、イプシロンの打ち上げをlive中継で見てました。

すると、どこからともなくニンニクを炒めた匂いが…。トマトソースのようです。というわけで、わたしも晩ご飯はパスタにして、ちょっと元気を盛りかえすことにします。
a0147281_16155880.jpg

ところで、湿度が低く、地中海的な夏のお天気だった先週の日曜日は、シチリアの9月に思いを馳せながら、油漬けアンチョヴィとトマトでパスタを作りました。

塩辛いアンチョヴィがいい味を出してくれますが、「嫁に食わすな」とたとえられる秋茄子もプラス。シンプルで簡単なのに、味と風味のバランスが絶妙のソースです。
a0147281_1616664.jpg

そういえば、横浜の息子夫婦のところにお邪魔したとき、お嫁ちゃんが作ってくれたのも、アンチョヴィとトマトのコンキリエ。あれも、とてもいいお味でした。

わたしはトルティリオーニで作るのが好きです。昔、ジョルジオ・ロカテッリの料理番組で覚えましたが、チェリートマトを使うグウィネスのレシピもオシャレかも。
a0147281_16161953.jpg

本日のパスタ : tortiglioni con pomodorini, acciughe e melanzane

台風が接近中ですが、よい連休を!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-09-14 16:36 | クッキング savoury | Comments(2)
お昼はミニ鱧天丼
a0147281_17225962.jpg

月曜日、母のところで、今年で最後かもという引き締まった気持ちで(笑)、鰻をいただきました。去年もそう思った気がしますが、鰻の状況、今年はさらに深刻です。
a0147281_1723881.jpg

食文化の伝統を守れなくなる恐れがある今の状況を招いたのは、ほかでもない、わたしたち自身です。そのうち、鱧(ハモ)も食べられなくなるのでしょうか?
a0147281_17231489.jpg

そう思いながら、この夏も、スーパーで鱧が目に入りました。でも今年は、去年のように自分では揚げず、出来合いの鱧の天ぷらを買って、お手軽な鱧天丼に。
a0147281_17232199.jpg

今日のように蒸し暑い日のお昼は、鱧のミニ天丼に、塩をふった枝豆、香のものがあれば、もう何もいうことはありません。というわけで、美味しくいただきました。
a0147281_17232973.jpg

土用の鰻の日、じゃなかった丑の日に、英国では待望の王子さまが生まれましたね。この動画、面白いですよ。日本の放送局のレポーターの声がばっちり入ってます。

お産をして間もないというのに、驚くほどすっきりと美しいキャサリン妃と、新米パパのウィリアム王子による、赤ちゃんお披露目はこちら

赤ちゃんのおでこしか見えなかった、という方のために、「baby cambridge」のおみ足の画像アップもあります。さてさて、どんな名前がつけられるのでしょう…。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-07-24 17:35 | foodie | Comments(0)
マグロのグリルとカボチャのタジン
a0147281_14543952.jpg

早くも、真夏の陽気がつづいています。それでも、ほんものの夏とちがって、日中の湿度はたったの30% 前後。お肌の乾燥をのぞけば、じつに快適な気候です。

お隣の公園のバーベキュー広場からは、今週は週日でさえ、いい匂いが。物欲しげな視線に気づかれないように、いつもサングラスで目を隠して、歩くことにしています。
a0147281_14545118.jpg

ところで、火曜に出張でやってきた息子に作った夕食がこれ。フライパンでグリルしたマグロとホタテ貝です。バーベキューならもっと美味しいのに、と思いながら。

勝浦産ビンチョウマグロを、お醤油とみりんとお酢でマリネをしてから焼きました。お刺身は母の好物ですが、分厚い切り身でも筋が少なく、こういう調理法にぴったり。
a0147281_14551047.jpg

子どもたちが滞在するときは、ふだんあまり食べなさそうな家庭料理を、と心掛けています。そこで主菜は、息子にはまだ出したことのなかった、カボチャのタジン

カボチャ、ニンジン、レーズンの自然な甘味に、生姜とクミンの組みあわせが絶妙。プレーンな味のクスクスで口を中和させ、ヒヨコ豆の食感を愉しみながら食します。
a0147281_1455419.jpg

春先に買ったコリアンダーの苗がずいぶん大きくなり、毎日収穫できるのがうれしくて、コリアンダーを使うお料理ばっかり、ついつい考えてしまうようなのです。

先日滞在した娘夫婦に作ったのは、レモンとコリアンダーのクスクスサラダ。ところが、好き嫌いのないお婿くんの唯一食べられないものが、コリアンダーでした(笑)。
a0147281_14555770.jpg

美味しい週末を!

londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
あの『ダ・ヴィンチ・コード』のダン・ブラウンの新作が出ました。評判はあまり芳しくないものの(前作が売れすぎたせい?)、英国では発売前からベストセラーに…。
click here

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-05-25 15:09 | クッキング savoury | Comments(2)
春、鯵の味
a0147281_11213117.jpg

ちょうど1週間まえのことです。地元スーパーマーケットの鮮魚コーナーで売られている、すこぶる新鮮な鰯(イワシ)に目がいきました。

頭を落とされていたため、活きがいいかどうかを判断する「目」はついていなかったものの、体の色艶を見ると、買って損はなさそうです。
a0147281_112146100.jpg

しかも、値札を見ると超低価格。頭をよぎったのは、モロッコの漁村の名もない料理店で食べたサーディンの丸揚げ。あれを再現できるかも?

ところがわたしはどうしたことか、鰯を買わずに、そのとなりに並んでいた鯵(アジ)を買って帰りました。いま思うと、体の模様に惹かれて(笑)。
a0147281_1122476.jpg

ともかく、鯵の衣をどうしようかと考えあぐね、結局、冬の分厚い衣ではなく、コーンスターチで春らしい薄い衣にして、軽く油で揚げました。

モロッコで感激した味だけでなく、旅の記憶は、視覚よりも味覚のほうがより確実に刻まれるので、美味しいものを食べれば一生ものです。
a0147281_11222469.jpg

それに、ごくシンプルにレモンを絞って揚げたての魚を食べる醍醐味は、かえって、高級レストランには真似のできない贅沢さかもしれません。

じつは、鰯の特売があったころ、京都北部の海では、何十年ぶりかで鰯の大漁だったと、あとで知りました。たぶんあの鯵も同じ網で獲れた?
a0147281_11224275.jpg

その鯵ですが、レモンとお塩だけではどうもアジ気なく、タイ製のチリソースで食べました。ようやく収穫できた、わが家のハーブを添えて。

いずれにしても、こういった魚料理は、揚げたてを食さなくては意味も醍醐味もないわけで、写真なんか撮ってる場合ではありませんでした!

本日のひと皿 : fried japanese horse mackerel with spring herb salad
(鯵は開いて挙げるべきだったかも…)

londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中

bbc の人気料理番組(不幸にもわたしには観られない)に出演し、人気沸騰のベイカー、ポール・ハリウッド(ファンです!)が米国進出! ファンはやきもき? 
click here

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-04-12 11:35 | クッキング savoury | Comments(2)
サフラン、収穫のとき
a0147281_19361371.jpg

香辛料の女王、サフラン。なにしろ、お料理に使うあの朱色のめしべが、ひとつの花からわずか3本しか採れないのですから、高価なはずです。

もしスペインにご旅行にいかれるになら、サフランが安いので(小さくて荷物になることもないし)、サフランの「大人買い」をおすすめします。

ロンドンでは、キルバーンのエスニック食材店で安く手に入れていたのですが、フランスにしてもアメリカにしても、やっぱり日本よりは安いようです。
a0147281_19363549.jpg

生産国のトップはイラン。いっぽうトルコでは、「スペインのサフラン」といったら紅花のことで、「インドのサフラン」はターメリックのことらしいので、ご注意を。

地中海料理や北アフリカ料理、中東料理、そしてインド料理に欠かせないサフラン。ここ数年母が育ててくれているので、最近は買ったことがありません。

ところが、昨年は不作。わたしが買ってきた球根は発育が悪く、花をつけませんでした。今年は次々と花が開き、ちゃんと収穫できています(写真は一部)。
a0147281_19365892.jpg

貴重なめしべですから用心して手で抜き取りました。ところがところが、どうしても2本しかない花が2つ。あとで数えても、やっぱり計算が合わない。

めしべの本数が足りない花ができるなんて…自然界にも、こんなことって、あるんでしょうか? あ~あ、サフランの球根2つにだまされた気分(笑)。

そうそう、日本にもサフランの産地があると知り、びっくりしたのですが、何百もの花からめしべを抜く作業は、ほんと、根気がなくてはできませんね。
a0147281_19372041.jpg

さっそく先週、娘がやってきた日に作ったのが、ブイヤベースです。そのままより、すり鉢で粉にしてお湯につけたほうが、しっかり色が出るようです。

ブイヤベースはきどったお料理ではありませんから、(東京から新幹線で運んでもらった)バゲットを薄く切って焼いて、スープに浸して食べました。

一昨日の朝の最低気温は2.1℃で、すっかり冬の寒さ。とうぜんですね、霜月も明日で最後ですから。とうとう師走がやってきてしまいます。ど~しょ?
a0147281_19373963.jpg

本日のひと皿: la bouillabaisse au safran et à la baguette


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
わたしの大好物、ヌテラ。フランス人も大好きですが、仏政府が「ヌテラ税」の導入に。なぜ?↓click!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-11-29 19:55 | クッキング savoury | Comments(6)
| ページトップ |